「生理前のイライラ」にキレた夫が離婚を通告、29歳妻の嘆き

12月6日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

生理痛や生理前のつらい症状は、当事者以外には理解しがたいものだ(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


生理前のイライラで口論

「もううんざり」と夫がキレた


「もうお前の生理に振り回されるのはうんざりだ。つらいなら薬飲めばいいだろ。毎月のことなんだからコントロールしろよ」


 正明さん(仮名・32歳)は不機嫌そうに言い残し、出て行ってしまった。


 一人残された妻の志津さん(仮名・29歳)はソファにぽつんと座り、うなだれた。


(またやっちゃった。ごめん。悪いって、自分でも分かっているんだけど、コントロールできないのよ)


 下腹部全体がぎゅるぎゅるとかき回されるように痛い。腰も重いし痛い。頭はふらふらするし、吐き気もする。肩こりも痺れるほど痛む。朝から生理が始まっていた。


 正明さんと喧嘩(けんか)したのは昨日の朝だった。生理が予定より1週間ほど遅れていたせいだろう。この数日、イライラした様子で過ごしてきた志津さんは、ささいなことでくってかかった。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「生理」をもっと詳しく

「生理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ