自民・石原伸晃氏 政策パッケージ、厚労族や文教族は「怒り心頭」

12月7日(木)23時13分 産経新聞

自民党税制調査会小委員会が行われる部屋の前で、石原伸晃前経済再生担当相(中央)に税の堅持や廃止を訴える業界団体関係者ら=6日午後、東京・永田町の自民党本部(斎藤良雄撮影)

写真を拡大

 自民党石原伸晃前経済再生担当相は7日、自身が会長を務める石原派の会合で、政府の2兆円規模の政策パッケージについて、党内の厚労族や文教族の評判が芳しくないとの見方を示した。「社会保障の専門家の幹部と話をすると、怒り心頭だった。文部科学の幹部も怒っていた」と述べた。具体的な課題を示さなかったが、「政策をブラッシュアップしないと、来年の通常国会は大変なことになる」と強調した。

産経新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

政策をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ