佐藤ゆかり副大臣秘書、民放各局に振込用紙配布

12月7日(金)7時28分 読売新聞

 自民党の佐藤ゆかり総務副大臣(57)(比例近畿ブロック)の秘書が、11月に大阪市で開いた政治資金パーティーの案内状と参加費の振込用紙を、複数の在阪民放幹部に手渡していたことがわかった。総務省は放送局の監督官庁で、佐藤氏は放送行政を所管している。佐藤氏側は「案内状に振込用紙が入っていたのは不適切だった」としている。

 佐藤氏は昨年の衆院選で大阪11区から出馬し、選挙区で敗れたが、比例復活で3選。今年10月の内閣改造で、総務副大臣に就任した。

 佐藤氏の事務所などによると、政治資金パーティーは11月12日、大阪市内のホテルで開催された。佐藤氏の男性秘書は10月下旬〜11月上旬、複数の在阪民放局を訪ね、幹部に副大臣就任を報告。その際、パーティーの案内状やパーティー券代(2万円)の振込用紙が入った封筒を手渡したという。

 訪問の際に秘書からパーティーについて言及はなかったが、案内状には「奮ってご参加ください」と書かれていた。幹部らは購入しなかったという。

 佐藤氏の事務所は「報道的に関心があればとの意味で案内状を差し上げた。振込用紙が入っていたのなら誠に不適切で、今後このようなことがないよう努める」とミスだったと説明。パーティーについては「特定業種と関係を深めるようなものではない」としている。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「佐藤ゆかり」をもっと詳しく

「佐藤ゆかり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ