東京五輪マスコット候補に「既視感」 ポケモン、妖怪ウォッチ? 加藤浩次「どっかで見たことあるよ!」

12月8日(金)14時58分 J-CASTニュース

委員会が発表した最終候補3案(東京2020)

写真を拡大

東京2020組織委員会は、2017年12月7日、東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクターの最終候補3案を発表した。


いずれも一般からの公募作品だが、ツイッターなどSNSでは、これら3案はいずれもポケモン、手塚治虫、妖怪ウォッチなど、既存のキャラクターを想起させるという感想が数多く投稿されている。




2042件から選ばれた最終候補3案



7回のマスコット審査会を経てしぼりこまれた最終候補3案は、一般から応募された2042件の中から選出されたものだ。委員会の4日の発表によると、「作者から提出された制作プロセスのエビデンスから作品がオリジナルで創作されたものであることを確認したうえで、商標・意匠調査が問題なく完了した」作品であるという。



委員会のサイトの解説によると、「ア」案のオリンピックマスコットは「伝統の市松模様と近未来的な世界観」を、パラリンピックマスコットは「市松模様と桜」をイメージしているという。


続く「イ」は、オリンピックマスコットが炎や「福を呼ぶ招き猫や神社のキツネ」、パラリンピックマスコットが風と空、そして「神社の守り神である狛犬」をモデルとしているという。


最後の「ウ」は、オリンピックマスコットが「キツネに日本古来の勾玉を組み合わせて」、パラリンピックマスコットが「日本古来の化けるタヌキ」がデザインの元となっているという。



小学生による投票で決定



これらのデザインは、12月7日に公表されてから注目を集めているが、SNS上では「既視感」が噴出している。




「五輪マスコットのB案、手塚治虫キャラに見えてしゃーない」

「五輪マスコット、どれも既視感すごくて笑う イは手塚治虫ぽいしウはまんま妖怪ウォッチとポンタだな」

「『ウ』のキツネにすごくこんのすけみを感じる」

「なんとなくアがポケモン、イがデジモン、ウが妖怪ウォッチって感じがする」


ポケモン、デジモン、手塚治虫作品、妖怪ウォッチ、刀剣乱舞のこんのすけ、ポンタカード...様々な「似ている」キャラクターが次々と挙げられている。



8日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)でも、MCの加藤浩次さんは着ぐるみになった際に動けそうということで「イ」を選びつつ、「ウ」案について、



「どっかで見たことあるよ!」


と刀剣乱舞の名前を挙げながら「そっくり」とコメント。スタジオからも「妖怪ウォッチっぽい」という反応もあった。



マスコットキャラクターは、これらの3案の中から1つが、12月11日から18年2月22日にかけて行われる小学生による投票で選ばれ、2月28日に発表される。


大人たちが似ているキャラクターを挙げる中、どの案が小学生の心をつかむのだろうか......。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マスコットをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ