11〜12日に暴風雪、高波=東北と北陸は警戒—気象庁

12月8日(金)18時19分 時事通信

 気象庁は8日、東北地方の日本海側と北陸では11日から12日にかけ、暴風雪高波に警戒し、強風に注意するよう呼び掛けた。山沿いや山地は大雪となり、雪崩や交通の乱れが生じる恐れがある。
 低気圧が急速に発達しながら日本海北部からオホーツク海へ進んだ後、冬型の気圧配置が強まり、日本海側では大荒れとなる見込み。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

暴風雪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ