神鋼データ改ざん 発覚2カ月、問題長期化が懸念

12月8日(金)6時30分 神戸新聞

安全性の確認に時間がかかっているアルミ板の製造拠点、真岡製造所=栃木県真岡市(神戸製鋼所提供)

写真を拡大

神戸製鋼所の製品検査データ改ざんの発覚から8日で2カ月となる。不正品を納入した525社の7%に当たる38社で、安全性の確認がまだ取れていない。このうち海外メーカーは12社に上る。米司法省も調査に乗りだ...

神戸新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

データ改ざんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ