「忠臣蔵」大石内蔵助の妻りく、直筆の手紙見つかる 兵庫・豊岡

12月8日(金)6時10分 神戸新聞

新たに見つかった、大石内蔵助の妻りくの手紙(手前)。奥は三男代三郎の手紙=豊岡市城崎町湯島

写真を拡大

忠臣蔵で知られる大石内蔵助の妻りくによる直筆の手紙がこのほど、りくの出身地、兵庫県豊岡市で見つかった。手紙には内蔵助の遺児となった三男の仕官や、次女の縁組への喜びがつづられ、関係者は「300年の時を超...

神戸新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

忠臣蔵をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ