人類の旅立ち、12万年前に アフリカからアジアへ移住

12月8日(金)4時0分 共同通信

30万〜20万年前にアフリカに出現した現生人類が、12万年前からアジアに向けて散発的に移住を始めていたとする分析を、ドイツのマックスプランク人類史科学研究所のチームが8日付の米科学誌サイエンスに発表し...

共同通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

人類をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ