<背任容疑>納骨堂社長と組長を釈放 大阪地検

12月8日(金)20時15分 毎日新聞


 大阪地検は8日、ビル型納骨堂「梅旧院(ばいきゅういん)光明殿」の運営を巡り、暴力団に資金を流出させたとして背任容疑で逮捕された運営会社「光明殿」社長の山口幸子被告(63)=法人税法違反罪などで起訴=と、指定暴力団山口組系組長(68)の2人を処分保留で釈放した。地検は理由を明らかにしていない。山口被告は脱税事件では引き続き勾留される。


 2人は共謀し、2014年3月、納骨壇に関する特許権を組長から購入する名目で、関連の宗教法人「梅旧院」から3500万円を引き出し、同法人に損害を与えた疑いで大阪府警に逮捕されていた。

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

納骨をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ