<JR柏駅前>“憩いの場”閉鎖 飲酒、喫煙横行で

12月8日(金)12時19分 毎日新聞

ロープが張られ、立ち入り禁止となったコンクリートブロック=JR柏駅近くの通称・小柳町通りで、2017年12月6日午後3時31分、橋本利昭撮影

写真を拡大


 千葉県柏市は5日、JR柏駅前の繁華街近くにある歩道(通称・小柳町通り)脇のコンクリートブロック(長さ約70メートル)にロープを張り、立ち入り禁止にした。


 駅東口の再開発に合わせ、昨年4月に市が設置したところ、コンクリートブロック上をベンチ代わりにして座るなど市民の憩いの場所としてにぎわっていた。しかし、この地区が「禁煙等強化区域」に条例で指定されているにもかかわらず、迷惑行為となる飲酒喫煙が横行していた。


 苦情が寄せられた市は約1年前から、見回りするなどして注意を繰り返してきたが改善されなかったため、ロープで立ち入り禁止にした。年明けにはフェンスの設置工事を実施するとしている。【橋本利昭】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

飲酒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ