<皇室会議>議事概要を宮内庁が公開

12月8日(金)11時58分 毎日新聞

宮内庁=代表撮影

写真を拡大


 宮内庁は8日、天皇陛下退位日について安倍晋三首相が意見を聴いた今月1日の皇室会議の議事概要を同庁のホームページに公表した。


 出席議員から「陛下には(2019年)1月7日のご在位満30年の節目をお迎えいただきたい」などの意見が出たことが記載されている。


 議員からは、「静かな環境の中で国民が天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位を寿(ことほ)ぐにふさわしい日にする」との意見も出たとしている。


 議長の安倍首相が「2019年4月30日退位」とする意見案を示し、理由として▽儀式の準備や組織編成に最低でも1年の期間が必要▽19年4月に統一地方選が実施される見込み▽4月前半は全国的に人の移動が激しい−−などを挙げた。意見案の通り、皇室会議の意見が決定された。


 発言した議員の名前は記載されていない。「誰がどのような意見を述べたか明らかにすることは、必ずしも好ましいことではない」などの理由が議事概要に示されている。


 皇室会議は1日に宮内庁で開かれ、安倍首相ら三権の長や皇族ら計10人が議員として出席した。【高島博之】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

皇室会議をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ