【エルサレム首都認定】自民・高村正彦副総裁「和して同ぜず。君子の外交姿勢を」

12月8日(金)10時28分 産経新聞

 自民党高村正彦副総裁は8日午前の党役員連絡会で、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことについて、「日米同盟は死活的に重要」と指摘した上で「こういう問題については、和して同ぜずという君子の外交姿勢を貫いていくのがいいのではないか」と述べた。

産経新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エルサレムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ