民進・有田芳生参院議員が立民入り検討 会派所属の川田龍平参院議員も

12月8日(金)5時3分 産経新聞

有田芳生氏

写真を拡大

 民進党有田芳生参院議員(65)=比例代表=と、無所属で民進党会派に所属する川田龍平参院議員(41)=同=が立憲民主党への入党を検討していることが7日、分かった。

 複数の関係者によると、有田氏は「特別国会閉会後に党を出る」と周辺に伝え、川田氏は11月下旬に民進党の大塚耕平代表に会派離脱の意向を伝えた。

 有田氏は、平成22年の参院選で民主党(当時)の比例代表から立候補して初当選し、昨年は民進党公認で再選した。

 川田氏は、19年の参院選で東京選挙区から無所属で立候補し初当選、25年の参院選ではみんなの党(同)から比例代表で再選した。改選を迎える2年後の参院選で東京選挙区への立候補を希望していた。

産経新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

川田龍平をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ