富岡八幡宮4人殺傷、弟夫婦が姉を車から引きずり出し襲撃か

12月8日(金)18時25分 TBS


 東京の由緒ある神社の宮司の女性が弟に殺害された事件。さまざまな証言や過去のいきさつから、宮司の職をめぐってトラブルになっていたとみられています。犯行に及んだ経緯など新しい情報は出てきているのでしょうか。現場から記者の報告です。
 あたりは暗くなって来ましたが、駅からさほど離れていない住宅街ということもあり、人や車が途絶えることはありません。現場では、午後4時半ごろに長子さんが乗っていたとみられる車が運び出されました。

 長子さんが車から降りたところを茂永容疑者らが襲ったということですが、犯行当時の状況について新しい情報が入ってきました。長子さんは車から降りた際、茂永容疑者と、妻の真里子容疑者が走り寄ってきたことに気づき、一度、車の中に戻りました。直後に、茂永容疑者らが長子さんを車の中から引きずり出し、日本刀で切りつけたということが新たにわかりました。

 また、茂永容疑者らが長子さんと運転手を切りつけ、さらに自殺を図るまでの一連の犯行が、わずか5分ほどの間に行われたということも警視庁への取材でわかりました。現場からは日本刀2本と、サバイバルナイフ2本が見つかったということで、警視庁は犯行に計画性があったとみて、さらに詳しいいきさつについて調べています。(08日17:56)

TBS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

富岡八幡宮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ