ジャニーズ情報を無断掲載…チケットサイト捜査

12月8日(金)17時49分 読売新聞

 チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」の運営会社「フンザ」(東京)が商標法違反容疑などで捜索された事件で、フンザがジャニーズ事務所に所属するアイドルのコンサート情報などを集めたサイトを、無断で運営していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 兵庫県警は、フンザが情報サイトから自社のチケット転売サイトに客を誘導していたとみて調べる。

 捜査関係者によると、フンザは、人気アイドル「嵐」や「Hey! Say! JUMP」などのコンサート情報を集めたサイト「ジャニーズ通信」(現在は閉鎖)を独自に運営。ジャニーズ事務所の商標を不正に利用するなどした疑いが持たれている。

 チケットキャンプの会員数は約370万人(10月末現在)。県警が今月4、5日にフンザを捜索し、親会社の会員制交流サイト大手「ミクシィ」が7日、チケットキャンプのサービス停止を発表した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チケットをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ