「自衛官の宣誓」引用、佐藤副大臣に辞職を要求

12月8日(金)10時55分 読売新聞

 佐藤正久外務副大臣が5日の参院外交防衛委員会で自衛官が任官の際に行う「服務の宣誓」を引用して職務に当たる決意を表明したことが、波紋を広げている。

 7日の同委員会では民進党の小西洋之参院議員が「武人の服務の宣誓をもって外交の決意をつかさどるとの決意を述べたのであり、(文民統制を定めた)憲法66条2項の趣旨に反する」と辞職を要求。佐藤氏は「誤解を招いたのであれば大変遺憾だ」と釈明した。

 佐藤氏はイラク復興支援の先遣隊長を務めた元陸上自衛官。5日の同委員会で「服務の宣誓」を引用し、「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える決意だ」と述べた。河野外相は7日の同委員会で「職務を全うするという基本姿勢を全体的に述べたものだ」と擁護した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

自衛官をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ