16年前から親族間トラブル、恨み募らせたか

12月8日(金)13時41分 読売新聞

殺人事件のあった現場、手前は富岡八幡宮(8日午前、東京都江東区で、読売ヘリから)=稲垣政則撮影

写真を拡大

 東京都江東区の富岡八幡宮で7日夜に起きた殺傷事件で、死亡した女性宮司の富岡長子ながこさん(58)が約16年前、宮司の地位を巡る親族間のトラブルを警視庁に相談していたことがわかった。

 同庁は、弟の茂永しげなが容疑者(56)が、宮司職を継承した姉の富岡さんに恨みを募らせていたとみている。

 同庁幹部によると、事件では、富岡さんと茂永容疑者、茂永容疑者の妻とみられる女の3人が死亡し、宮司専属の男性運転手(33)も腕などを切られて重傷。防犯カメラの映像から、茂永容疑者と女が富岡さんと男性運転手を襲い、その後、茂永容疑者が女を刺して自殺したとみられる。

 江戸時代から続く同八幡宮は富岡家が長年、宮司を務めていた。関係者によると、1994年11月、宮司の父親に代わって茂永容疑者が宮司代行に就任し、翌95年からは宮司を継承。しかし、無断で父親の退任届を提出したことなどが発覚し、2001年春に退任させられた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トラブルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ