雅子さま56歳 連続「2泊3日地方ご訪問」という“変化”と、愛子さまとの“共通点”

12月9日(月)12時0分 文春オンライン

 12月9日、雅子さまは56歳の誕生日を迎えられ、文書で感想を公表された。「この機会に、特に今年、国民の皆様からお寄せいただいた格別の温かい祝福のお気持ちに、重ねまして厚く御礼申し上げます」と感謝の気持ちを綴られ、雅子さまがお召しになっていたゴールドの鮮やかなスーツとあわせて、自信が感じられる内容だった。



2019年、雅子さまのお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供


天皇陛下のご即位以来、5月の皇居での一般参賀や、11月の国民祭典、祝賀御列の儀などの折に、多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております。また、この7か月の間に、地方への訪問、都内での行事などを通して、国民の皆様と接する中で、多くの方々から温かいお気持ちを寄せていただいたことを嬉しく、またありがたく思いながら過ごしてまいりました。日本国内各地で出会った沢山の笑顔は、私にとりましてかけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるものと思います」


 また、「皇后陛下のお誕生日に際しての医師団見解」も公表され、治療の継続とご体調の波について述べられていた。「本年は、天皇陛下の御即位に伴う諸行事を中心に、特に強い責任感を持ってお務めに取り組んでこられましたが、これをもって過剰な期待を持たれることは、今後のご快復にとって、かえって逆効果となり得ることをご理解いただければと思います」と、現状を説明している。



 雅子さまは、2002年の誕生日に際した記者会見を最後に、2004年から毎年、質問に答える形ではなく、1年を振り返るような感想を綴られてきた。昨年6月、ご結婚満25年に際しては、雅子さまも文書回答で率直な思いを述べられていたことから、もしかすると今年の誕生日は文書回答の形式になるかもしれないと考えていたのだが、例年通りだった。皇后陛下となられてからの美智子さま、皇嗣妃殿下となられてからの紀子さまは、誕生日に際し宮内記者会からの質問に対して文書で回答されている。




連続して2泊3日の地方ご訪問へ


 ただ、皇后陛下というお立場になられた雅子さまには大きな変化が起きている。連続2回、2泊3日で地方ご訪問を果たされたのだ。11月21日から23日にかけて、天皇皇后両陛下は「即位の礼」や「大嘗祭」を終えたことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれるため、三重県を訪問された。


 また、11月26日から28日にかけて、「親謁の儀」に臨まれるため、奈良県と京都府を訪問された。雅子さまの2泊3日の日程での地方ご訪問は、2007年10月の徳島県ご訪問以来だという。1日目の11月26日、雅子さまはホワイトスーツをお召しになっていた。



 翌日の11月27日、両陛下は奈良県橿原市の神武天皇陵と、京都市の孝明天皇陵を参拝された。まず神武天皇陵を参拝された際に、雅子さまは背中に大ぶりのフリルがデザインされた淡いグレーの参拝服をお召しになり、その後、電車で移動される際もコートの下に参拝服をお召しになっていたようだった。ご参拝が続くことを考慮されたのだろう。



 雅子さまの参拝服を拝見して、ご結婚の報告のため伊勢神宮を参拝された時のものを思い出した。どちらも、ウエストの切り替えが高い位置にあることで、雅子さまの身長の高さを生かした存在感のある参拝服だった。




襟元から波打つ、ライトブルーのドレス


 最終日の11月28日、両陛下は京都市の明治天皇陵を参拝された後、京都御所に各界の代表者らを招いて茶会を開かれた。雅子さまはライトブルーのドレスをお召しになっていた。



 10月29日、3回目の「饗宴の儀」でお召しになっていたものと同じようだったが、お帽子を合わせられたことで新鮮な印象を受けた。



 襟元から波打つようなデザインのジャケットはとても華やかで、雅子さまが90年代に取り入れられていたシルエットの一つでもある。




愛子さまのブラウス トップスにポイントが


 12月1日に18歳の誕生日を迎えられた長女・愛子さまは、薔薇色のようなブラウスをお召しになり、薄くメイクもなさっているようで、ご成長ぶりが感じられた。トップスにポイントがあるお召し物を選ばれたのは、雅子さまからの影響もあったのかもしれない。



 昨年11月、雅子さまが、90年代から愛用されているロイヤルブルーのスーツに白いタイブラウスを合わせられ、ブルーリボンがエレガントな白いお帽子をお召しになっていた時に、シンプルなスーツとの組み合わせがあっという間に華やかな装いとなっていたことを驚きながら拝見していた。今後は、細部までこだわりが感じられる、雅子さまの雰囲気にぴったりのお召し物を選ばれる機会がより増えていくのではないだろうか。



 両陛下は、12月下旬に台風19号などで被害を受けた福島県と宮城県を訪問されることが検討されていると報じられたが、今年の誕生日に際してのご感想で、雅子さまは「これからの日々、陛下とご一緒に、国民の皆様の幸せを常に願いながら、寄り添っていくことができましたらという思いを新たにしてまいりました」と述べられた。令和の時代に、両陛下はどのような形でその思いを示されていくのだろうか。



(佐藤 あさ子)

文春オンライン

「雅子さま」をもっと詳しく

「雅子さま」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ