「令和の時代にふさわしい原案策定を」 安倍首相、改憲「私の手で」成し遂げると意欲

12月9日(月)19時58分 J-CASTニュース

臨時国会の閉会を受けて記者会見する安倍晋三首相

写真を拡大

臨時国会が閉会した2019年12月9日夕、安倍晋三首相が記者会見を開き、憲法改正について「私自身として、私の手で成し遂げていきたい」として、21年9月まで続く自民党総裁としての任期中の実現を目指す考えを改めて示した。

今国会では衆院で憲法審査会が3回開かれ、自由討議が2年ぶりに行われた。改憲の手続きを定める国民投票法改正案をめぐっては、テレビ広告などの規制で与野党が折り合わず継続審議になっている。



冒頭発言の最後で自ら「その先には憲法改正」



安倍氏は冒頭発言の最後で、


「国の形に関わる大胆な大改革に挑戦し、新たな国造りを力強く進めていく。その先には、憲法改正がある。常にチャレンジャーの気持ちを忘れることなく、国内外の山積する課題に全力で取り組んでいく決意だ」

などとして自ら改憲に言及。任期中の改憲について問われると、19年夏の参院選で改憲を訴えて自民党が勝利したとして、


「選挙の結果は、国民の皆様の声は、憲法の議論を前に進めようということだったのだと思う。最近の世論調査においても、議論を行うべきという回答が多数を占めている。国民的関心は高まりつつあると考えている」

などと主張。20年1月に召集される通常国会での憲法審査会では


「与野党の枠を超えた活発な議論を通じて、令和の時代にふさわしい憲法改正原案の策定を加速させていきたい」

として、任期中の改憲に向けた意欲を強調した。



「憲法改正は自民党立党以来の党是。そして選挙でお約束したことを実行していくことが、私たち、政治の責任だろうと思う。憲法改正は決してたやすい道ではないが、必ずや私たちの手で、私自身として、私の手で成し遂げていきたい」


一方、桜を見る会については...?



今国会では、首相主催の「桜を見る会」をめぐる問題が噴出した。安倍氏は


「予算や招待人数も含めて全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行っていく」

などと従来と同様の説明を繰り返し、招待者名簿の復元も不可能だとした。マルチ商法を展開していた「ジャパンライフ」の山口隆祥元会長との関係については


「過去において、私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定できないが、山口氏と1対1のような形でお会いしたことはない」

と面識を改めて否定した。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「改憲」をもっと詳しく

「改憲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ