風向風速計 凍結で欠測

12月12日(水)7時11分 tenki.jp

東北や関東では、アメダスの風向風速計が凍結し、欠測となっている所があります。

風向風速計 凍結で欠測

凍るのは路面だけでない

関東の冷たい雨や雪はだんだんと範囲が狭くなってきましたが、東北は広い範囲で雪が降っています。このため、岩手県は、二戸、一関、盛岡、宮城県は古川、白石、山形県は米沢、福島県は郡山、群馬県はみなかみのアメダスの風向風速計が、凍って風向風速が測れない状態です。なお、風向風速計の凍結は、湿った雪の時になりやすく、欠測になる前のデータは静穏になることが多いです。
※標記は全てアメダス地点名

ちなみに盛岡は午前1時に積雪が0センチで、午前7時には14センチと、短い時間で一気に増えています。東北は福島県や宮城県など、南部の太平洋側は、雪や雨が降るのはお昼前後までで、北部や日本海側は午後も雪が続くでしょう。

tenki.jp

「凍結」をもっと詳しく

「凍結」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ