本物の「カード利用お知らせ」そっくり 楽天カードをかたる不審htmlメールが出回る

12月14日(木)10時43分 BIGLOBEニュース編集部

不審htmlメールの一例

写真を拡大

楽天カードは、同社が配信している「カード利用お知らせメール」に酷似したフィッシングメールが出回っているとして、注意を呼びかけている。


最新の不審メールは、楽天カードで決済した後に利用者に送られる「カード利用お知らせメール」を真似たもの。本物のメール同様、htmlメールでデザインや文言までほぼ同じ。一見するだけでは偽物と見分けがつかない巧妙な作りとなっている。そのため、楽天カードは、送信元ドメインの確認など見極めるためのポイントを公開し、不審な点がないか確認するよう求めている。


本物の「カード利用お知らせメール」か確かめるにはまず、送信元ドメインが「@mail.rakuten-card.co.jp」になっているか、問い合わせ先や楽天カードのサイトURLが記載されているかを確認する必要がある。しかし、ドメインがあっている場合や差出人が「楽天カード株式会社」となっている場合も注意が必要。「身に覚えのない内容」や「リンクやURLをクリックするとファイルがダウンロードされる」「不明な添付ファイル(zip)がある」メールは開いたりリンクをクリックせず、削除するよう呼びかけている。楽天カードは、メールから直接ファイルをダウンロードさせるようなものはないとしている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

楽天をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ