高血圧になったら積極的に摂るべき5つの栄養成分

12月14日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:PIXTA

写真を拡大


「末梢血管」とは、手や足など末梢にまで血液を届ける動脈の末端部分のこと。「末梢血管を開く」と高血圧は改善されます。新著『「末梢血管」を鍛えると、血圧がみるみる下がる!』を出版した人気医師・池谷敏郎先生が、末梢血管を開いてくれるスター成分ともいうべき栄養素と、それらが含まれる食材を紹介します。高血圧の食事は減塩だけではありません。積極的にスター成分を摂取して、血管力を高めましょう。


末梢血管を開く5大スター成分で

積極的に高血圧を抑え込む


 高血圧の食事というと、「減塩」ばかりが取りざたされます。もちろん減塩は大事ですが、池谷式ではもっと積極的に攻めていきます。血管力を高め、末梢血管を開く成分を大いに摂取しましょう。


 その成分とは、ズバリ、LTP、GABA、ケルセチン、EPA、リコピンの5つです。これらは「末梢血管を開く5大スター成分」といってもいいでしょう。


 ではそれぞれのスター成分について説明しましょう。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「高血圧」をもっと詳しく

「高血圧」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ