北日本は一晩で20cm前後の積雪増加 午後は雪が小康状態に

12月15日(日)6時45分 ウェザーニュース


2019/12/15 06:44 ウェザーニュース

日本付近は一時的に冬型の気圧配置が強まり、昨夜から今朝にかけて北日本の上空に強い寒気が流れ込みました。この影響で北日本では雪が強まって、内陸部では一晩で20cm前後の雪が新たに積もっています。

14日(土)18時から15日(日)6時の12時間で、岩手県祭畤は27cm、北海道滝川で19cmの雪が降りました。

午後は雪が小康状態に

15日(日)午後の天気分布

今日の午前中は雪の降りやすい状況が続き、さらに積雪は増えていく見込みです。午後になると上空の寒気は抜けて、冬型の気圧配置は弱まってきます。雪は小康状態となりますので、今夜の凍結に備え、除雪を進めておくと良さそうです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)


ウェザーニュース

「北日本」をもっと詳しく

「北日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ