今週後半 広く荒れた天気の恐れ

12月19日(月)17時37分 tenki.jp

22日(木)から23日(金)は低気圧が発達しながら日本付近を進み、広く荒天の恐れ。南風が強まって、雨脚が強まる所も。24日(土)からは寒気が流れ込みそうです。

クリスマス前に広く荒天に

今週の3連休はクリスマスもあり、予定がたくさんという方も多いかもしれません。ただ、22日(木)から23日(金)の祝日にかけては前線を伴った低気圧が発達しながら日本付近を進むため、広く荒れた天気となる恐れがあります。

22日から23日の前半は全国的に南風が強まるでしょう。この時期としては、暖かく、湿った空気が流れ込むため、九州から東北にかけて広く雨で、雨脚の強まる所もある見込みです。風も強いため、横なぐりの雨の所もあるでしょう。関東でも交通機関に影響のでる可能性があります。北海道もこの時期としては気温が高くなり、雨や湿った雪となりそうです。雪の多く積もってる地域では雪崩に注意が必要です。

23日の後半になると、低気圧がオホーツク海で発達し、次第に冬型の気圧配置が強まる見込みです。南風から一転して、今度は北風が強まるでしょう。北日本には寒気が入るため、北海道や東北の日本海側は次第に雪に変わる見込みです。風が強く、大荒れの天気となる恐れもあります。北陸も山沿いを中心に雪となる見込みです。太平洋側は天気が回復しますが、北風が強く吹きそうです。関東は暖かな空気が残り、23日の日中まではまだ気温が高いでしょう。

24日(土)は北海道や東北の日本海側は雪、北陸は雨や雪でしょう。太平洋側は冬晴れとなりそうです。ワンテンポ遅れて寒気が入る関東も急に寒さが戻るでしょう。これまでの暖かさに油断せずに、クリスマスはしっかりと寒さ対策をしてお出かけ下さい。

tenki.jp

「クリスマス」をもっと詳しく

「クリスマス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ