明日22日(日)の天気 冬至は東京など太平洋側で冷たい雨 山沿いは雪の所も

12月21日(土)16時45分 ウェザーニュース


2019/12/21 20:01 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本、東日本は太平洋側で雨
・甲信や関東北部は一部で雪に
・北海道は日差しが届く


予想天気図 22日(日)9時

明日22日(日)の冬至は、日本の南の海上を低気圧が通過する影響で、太平洋側で雨の降る所が多くなります。内陸、山沿いでは雪に変わる見込みです。

日本海側は大きな崩れがなく、北海道では日差しが届きます。

西日本、東日本は太平洋側で雨

南の海上を通過する低気圧の影響で、九州や四国は午前中から雨となります。午後には東海や関東でも冷たい雨が降り出し、傘が必須の一日です。真冬のような寒さで、防寒も欠かせません。

西日本の雨は夜には止むので、お帰りの時は傘の置き忘れにご注意ください。

甲信や関東北部は一部で雪に

気温が下がる甲信地方や関東北部の山沿いは雪に変わる所があります。本格的に雪が積もるのは山間部に限られ、市街地では長野県の多い所で数cm程度の見込みです。
ただ、少しでも雪が積もると、夜間の冷え込みで路面凍結のおそれがあるため、油断はできません。

北海道は日差しが届く

日本海側は雲が多めながらも雪や雨の所は少なくなります。北海道の雪は朝までに止んで、昼間は日差しが届きます。


ウェザーニュース

「太平洋」をもっと詳しく

「太平洋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ