日本郵便、はがきを62円に値上げ 郵便事業の収支が悪化、来年6月から

12月22日(木)19時2分 BIGLOBEニュース編集部

日本郵便、はがきを62円に値上げ

写真を拡大

日本郵便は22日、はがき、定形外郵便物の料金とゆうメールの運賃を2017年6月1日から改定すると発表した。


料金改定によって、現行52円の通常はがきは62円となり10円増、現行104円の往復はがきは124円と20円増となる。ただし、年賀はがきの料金は52円に据え置きとなる。定形外郵便物とゆうメールは、長辺34センチ以内、短辺25センチ以内、厚さ3センチ以内、重量1kg以内の規定の大きさに収まるかどうかで料金を区分。50gまでの定形外郵便物の場合、規定内だと現行と同額の120円だが、規定外は200円となる。


郵便料金は、1994年の改定以来、2014年度の消費税増税時を除き実質的に22年間据え置きとなっていた。しかし、人件費の上昇や大型の郵便物等の増加に伴うコスト増で郵便事業の収支が悪化。安定的なサービスの提供を維持するため、料金を改定するとしている。


料金覧

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「日本郵便」をもっと詳しく

「日本郵便」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ