明日23日(月)の天気 太平洋側は東京含め天気回復へ

12月22日(日)17時5分 ウェザーニュース


2019/12/22 17:08 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・太平洋側は天気回復へ 朝の凍結注意
・北陸は雷雨に注意
・西、東は日差しの温もりあり


予想天気図 23日(月)9時

明日23日(月)は、広範囲で雨や雪を降らせた低気圧が本州東の海上に移動し、西日本や東日本の太平洋側は天気が回復します。

北陸・東北は、日本海から低気圧が接近する影響で雨や雪に。低気圧に近い北陸エリアでは雷雨になる恐れもあります。

太平洋側は天気回復へ 朝の凍結注意

東海や西日本太平洋側はスッキリと晴れて、日差しが週明けの出勤を応援してくれそうです。

関東は朝に雨がパラつきますが、段々と天気は回復に向かいます。

今夜から雪が降る甲信や関東北部は、積雪や路面の凍結に注意してください。

北陸は雷雨に注意

北陸や東北は雨や雪になるため、週明けの通勤通学は傘を忘れずにお持ちください。

低気圧に近い北陸エリアは、強雨に加えて雷や突風にも注意が必要です。

山陰もニワカ雨に備えて折りたたみ傘があると安心です。

西、東は日差しの温もりあり

西・東日本の最高気温は概ね12月上旬並みの予想です。空気はヒンヤリとしても日向では日差しの温もりが感じられます。

北海道は真冬並みの寒さで週明けの出勤には最大限の防寒が欠かせません。今日、季節外れの暖かさになった南西諸島は北風に変わって師走らしい体感が戻ります。


ウェザーニュース

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ