本日午後、日本で1年ぶりの部分日食 お天気は…

12月26日(木)7時0分 ウェザーニュース


2019/12/26 07:22 ウェザーニュース

今日12月26日(木)の午後に、日本全国で部分日食が起こります。日本から日食が見られるのは今年の1月6日以来、約1年ぶりとなります。

部分日食とは、太陽の前を月が横切り、太陽の一部が隠される現象です。

観測は厳しい状況か

今日の日本列島は厚い雲に覆われる所が多い予想で、日食を観測するのが難しい天気となる所が多い予想です。

北日本では天気が崩れる前に見られる可能性があります。また沖縄でも、雲の切れ間から日食を見られる可能性があります。

※もし雲越しに太陽が見えたとしても、決して肉眼では太陽を見ず、日食グラス等を使って観測するようにしてください。

各地の見え方と時間は?

各地の食の最大の時間と太陽の欠け方

南西の地域ほど欠ける割合が大きく、継続時間が長くなり、那覇では最大食分0.47(太陽の直径の47%が隠される)で継続時間は約2時間40分となります。

東日本や北日本では、太陽が欠けたまま日の入りとなる「日入帯食」となります。

現象が起こる時刻や食の継続時間、太陽の高さなどは場所により異なるので、事前に確認するようにしてください。

【主な地点の日食タイムスケジュール】
《札幌》
食の始め  14時31分頃
食の最大  15時27分頃
日の入り  16時05分頃

《仙台》
食の始め  14時30分頃
食の最大  15時33分頃
日の入り  16時22分頃

《東京》
食の始め  14時28分頃
食の最大  15時35分頃
日の入り  16時34分頃

《大阪》
食の始め  14時23分頃
食の最大  15時31分頃
食の終わり 16時32分頃

《福岡》
食の始め  14時14分頃
食の最大  15時25分頃
食の終わり 16時28分頃

《那覇》
食の始め  14時02分頃
食の最大  15時27分頃
食の終わり 16時40分頃



なお、この日食はアラビア半島からインド南部、シンガポール、グアムなどでは、継続時間3分前後の金環日食となります。

また、2020年6月21日(日)にも日本で部分日食が起こります。

観測には日食グラスが必須

日食を観測する際は、必ず日食グラスなど太陽観測専用のフィルター等の道具を使うようにして下さい。

肉眼で太陽を見つめてしまうと、少しの間の観測でも目を痛める恐れがあります。また、肉眼では太陽が欠けている様子はわかりません。サングラスや雲越しの観測も厳禁です。

参考資料など

国立天文台


ウェザーニュース

「日食」をもっと詳しく

「日食」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ