米イラン対立は最大リスク、原油価格は今年どうなるか

1月7日(火)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:123RF

写真を拡大


 2019年の原油相場を振り返ると、政治的なイベントに左右されて乱高下したものの、値幅はBrent原油ベースで50ドルから75ドルの間で推移した。


 過去10年間で最も値幅が小さかったのが2013年の22.42ドル、次いで2017年の22.75ドルであり、19年はそれらに次ぐ低い水準である。


 米中通商戦争の激化や、サウジアラビアの主要石油設備攻撃などのイベントリスクの発生があった年の割には、値動きは安定した年だったといえる。


 実際、過去5年間の価格変動率(ヒストリカル・ボラティリティ)を見てみると、下図の通り、現在の価格変動性は極めて低い水準にある。


 なぜ、このような状況になったのか。2020年の市場動向を占うためにも、価格急騰・急落が発生する要因やメカニズムを整理してみたい。






続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「原油」をもっと詳しく

「原油」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ