新人漫画家の成長を応援する「コミチ漫画賞」を大幅アップデート。大ヒット漫画編集者・鈴木重毅(しーげる)氏が審査員として参加!

1月7日(火)12時25分 PR TIMES

鈴木重毅氏が審査員として参加する次回のコミチ漫画賞は2020年1月13日〜1月19日に開催予定です。詳細はこちらをご覧ください。https://comici.jp/stories/?id=309

[画像: https://prtimes.jp/i/41778/12/resize/d41778-12-539151-0.png ]

600人以上の漫画家が登録する漫画家コミュニティ「コミチ」が毎月開催する「コミチ漫画賞」が大幅リニューアルし、審査員として鈴木重毅氏(株式会社スピカワークス代表、漫画編集者)の参加が決定したことをお知らせいたします。

本漫画賞は、コミチが考える”漫画家の成長を促す6つの要素”から毎月お題を設定した上でマンガを募集し、「大賞」「新人賞」「ラリー賞」を各1作品ずつ選出しております。2019年6月に始まり、これまでに計6回開催いたしました。

2020年1月開催の本漫画賞からは、下記4点に大幅リニューアル致します。
(1)「縦スク賞」を新設
マンガの描き直しの質を評価する「ラリー賞」に代わって「縦スク賞」を設け、スマートフォンに最適化した新しいスタイルの応募作品の中で特に優れたものを選出する予定です。

(2)Twitter投稿のみでの応募可能に
これまで本漫画賞に応募するにはコミチへ作品を投稿することを必須としておりましたが、2020年1月開催分からは該当タグをつけてTwitterに投稿するだけで本漫画賞に応募することが可能です。

(3)トップページに受賞作品の掲載枠を常設
弊社サイトのTOPページにコミチマンガ賞の受賞枠を常設。
弊社Twitterなどの紹介に加え、サイト上の露出を増やし、漫画家さんのファン作りを支援します。

(4)審査員に少女漫画編集者・しーげる氏が参加
〈新審査員・鈴木重毅(しーげる)氏からのコメント〉
今回、お声がけいただきコミチ漫画賞の審査に加わることになりました。
漫画はどれだけやっても発見がある奥深いもの。一緒に発見の喜びを味わえる漫画家さんを探していますが、まずは投稿者の皆さんの良い所を探すことから始めたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

〈鈴木重毅氏のプロフィール〉
講談社の少女漫画誌「デザート」で『好きっていいなよ。』『となりの怪物くん』『たいようのいえ』などを担当。2013年から「デザート」編集長を務め、以後も『僕と君の大切な話』『春待つ僕ら』を担当。2019年5月に講談社を退社し、女性クリエイターのマネジメント会社・株式会社スピカワークスを設立。Twitter:@henshu_shigel

コミチは、マンガ業界のさらなる発展のため引き続き様々な取り組みを強化してまいります。

〈株式会社コミチについて〉
コミチ(comici)とは、ラテン語で「マンガ」。マンガの道=プラットフォームを作りたいという思いから2018年3月に創業。600人以上の漫画家が切磋琢磨しながら漫画家コミュニティサービス「コミチ」を運営。コミュニティ&テクノロジーの力で、マンガのデジタル体験をより良くする『マンガのデジタル・トランスフォーメーション』に挑戦している。
ホームページ: https://comici.jp/

PR TIMES

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ