歴史上の人物の子孫は大勢いるが、直系子孫となると限られる。中でもNHK大河ドラマの主人公にもなった西郷隆盛と真田幸村。そんな直系子孫同士の2人が「ご先祖さま」について語り合う、今までにない歴史本。

1月9日(水)10時40分 PR TIMES

インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2019年1月11日に、『ご先祖あるある! 直系子孫だから知っている 西郷さんと真田さん』を刊行いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/2522/resize/d5875-2522-623359-2.jpg ]


日本人なら誰でも聞いたことがある、西郷隆盛と真田幸村。どちらもNHK大河ドラマの主人公に選ばれるほど、知名度は抜群のヒーローだ。そんな2人の直系子孫は、なんと同学年同士。直系子孫ならではの悩みや得することなどを、対談で語りつくしてもらう。直系子孫だから知っている「ご先祖あるある!」は、今までになかった歴史の楽しみ方を教えてくれる。「西郷どん」と「真田丸」のプチ裏話も紹介している。カラー口絵で掲載した、西郷VS真田も必見!
[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/2522/resize/d5875-2522-470873-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/2522/resize/d5875-2522-177822-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/2522/resize/d5875-2522-783699-3.jpg ]

<目次>
【第1章】自分が直系子孫だと感じた瞬間
【第2章】大河ドラマについて思うこと
【第3章】ご先祖さまはなぜ人気者なのか?
【第4章】ご先祖さまの真のライバルは誰か?
【第5章】2人の英雄には共通点がある
【第6章】直系子孫のメリットとデメリット
【第7章】直系子孫としての生き方を考える


【プロフィール】
西郷隆太郎
Ryutaro Saigo

西郷隆盛本家直系5代目。1983年1月8日生まれ。仕事は、長年IT業界の企業に勤務しながら、並行して「敬天愛社」という会社を立ち上げ、隆盛の教えを伝える啓蒙活動を実施している。1083人の登録がある隆盛の子孫の会「西郷家二十四日会」の代表を務める。身長182cm、32歳のときに20kgのダイエットを行い、その後、体重70kgを維持している。芋焼酎と大型バイクをこよなく愛する。


真田明日美
Asumi Sanada

真田幸村14代当主の長女。1982年10月1日生まれ。歴史系雑誌・書籍のライター・編集者としての経験を積んだのち、アルバイト求人サイトのWebディレクターとして取材記事制作を手掛ける。現在はフリーで活動中。得意分野は戦国史、宗教史、日本・西洋美術など。ゲームとアートとスピリチュアルを愛し、アートエバンジェリスト、タロッティストとしての顔も持つ。海と鳥と植物に囲まれて仕事をすることが目標。


【書誌情報】
書名:『ご先祖あるある! 直系子孫だから知っている 西郷さんと真田さん』
仕様:四六判、188ミリ×128ミリ、200ページ
定価:本体1200円+税
発売日:2019年1月11日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
http://amzn.asia/d/cwSisQW


【株式会社天夢人】 http://temjin-g.com/
2007年設立。現在、隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』(発売:山と溪谷社)を発行し、また2017年より、書籍・ムックの刊行も始めました。鉄道や旅をはじめ、自然、歴史・民俗、カルチャーなどを伝える雑誌や書籍を編集・発行し、豊かな人生をおくるための生活情報を発信していきます。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人   担当:矢島
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL:http://temjin-g.com/

PR TIMES

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ