世界一快適なスニーカー「Allbirds」日本上陸、シリコンバレーも熱狂!

1月10日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Allbirdsの定番商品「Wool Runners」 Photo by Naoki Noguchi

写真を拡大


ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオも出資するサンフランシスコ発のスニーカーブランドが、ついに日本にやってきた。1月10日、「Allbirds(オールバーズ)」の日本第1号店となるコンセプトストアが、東京・原宿にオープンした。米Time誌が「世界一快適な靴」と評したスニーカーを生んだのは、サッカー選手とバイオテクノロジーの専門家という異色のタッグ。同社がスニーカーを通して発するメッセージとは。(編集・ライター 野口直希)


驚くほど軽い高級ウール使用のスニーカー


 Allbirdsは、元サッカー・ニュージーランド代表のティム・ブラウン氏とバイオテクノロジーの専門家であるジョーイ・ズウィリンガー氏がタッグを組み、2016年に米・サンフランシスコで設立した、スニーカーのスタートアップだ。


 主力商品は、米Time誌に「世界一快適な靴」と紹介されたこともある「Wool Runners(ウールランナー)」だ。シューズ内側には最高級ウールである極細のメリノウールを使用し、高い履き心地と通気性、吸湿性を追求している。洗濯機での丸洗いや中敷きの取り外しも可能なので、手入れも簡単だ。


 筆者も実際に履いてみたが、スリッパのように軽く、通常のスニーカーを履いているときのような足を締め付ける感覚がほとんどないのに驚いた。ほどよく足にフィットしてストレッチ性もあるため、アクティブな動きにも対応してくれる。



 このウールランナーのほかにも、ユーカリの木の繊維を使ったメッシュ構造の「Tree(ツリー)」シリーズや、サトウキビ由来のGreen EVA素材を靴底に採用した「Wool Runner-up(ウールランナーアップ)」など、Allbirdsは5つのシリーズを生み出してきた。履き心地とスタイリッシュなデザイン、そして環境に配慮したポリシーが好評を博しており、すでに米国や中国、イギリスなどで世界14店舗を展開している。日本での価格はウールランナーが1万2500円(税込)からとなっている。


 日本初のストアは、2020年1月10日に原宿にオープンした。代表のズウィリンガー氏は、前日に開催された記者発表会で「日本の人々には大きく注目してもらっている。若者のみにとどまらず、たくさんの人に手にとってもらいたい」とコメントして意気込みを示した。またコンセプトストアで直にシューズに触れてもらうだけでなく、D2C(Direct to Consumer:自社サイトから直接商品を販売をするECのこと)にも注力する。ゆくゆくはECサイトでの販売率を50%程度にまで伸ばしたい考えだ。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「スニーカー」をもっと詳しく

「スニーカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ