17年の中国新車販売、2888万台=過去最高も伸び低調

1月11日(木)18時36分 時事通信

 【北京時事】中国自動車工業協会が11日発表した2017年の新車販売台数は前年比3.0%増の2888万台と過去最高を更新し、9年連続の世界一となった。ただ、自動車減税の縮小が響き、11年以来6年ぶりの低い伸びにとどまった。
 中国は排気量1600cc以下の小型乗用車を対象に、16年末まで自動車取得税の税率を本来の10%から5%に引き下げ、販売の急回復につなげた。17年は税率を7.5%に変更、減税幅を縮小した。
 乗用車の販売台数は16年に2桁増となっていたが、17年は1.4%増。小型乗用車減税は17年末で打ち切りとなっており、18年も厳しい状況が続きそうだ。
 一方で、17年は電気自動車(EV)を中心とする「新エネルギー車」が53.3%増の78万台と大きく伸びた。
 ただ、新エネ車の販売台数は全体の3%に満たず、大気汚染対策に力を入れる中国政府は25年までに20%に引き上げる計画。将来的なエンジン車禁止も検討している。
 まずは、自動車メーカーに一定比率以上の新エネ車の生産・販売を義務付ける厳しい規制を19年から適用すると決定。日系を含む内外のメーカーが生産体制見直しなどの対応に追われている。
 17年の日系上位3社は、日産自動車が12.2%増の152万台、ホンダが15.5%増の144万台、トヨタ自動車が6.3%増の129万台と、いずれも好調だった。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

減税をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ