【DMM.make3Dプリントサービス】国内主要自動車メーカー7社のデザイナーが集結した団体「JAID」と共同で「1kg展」を開催

1月11日(金)12時40分 PR TIMES

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐 孝憲、 https://www.dmm.com/ 以下DMM )は、2019年1月12日(土)から25日(金)まで開催されるJAID(Japan Auto Motive Interior Designers)主催の1kg展に共同出展、造形および技術提供を行いましたのでお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/3242/resize/d2581-3242-956046-0.jpg ]


日本を代表する自動車メーカー7社のカーインテリア、CMFデザイナーが集結し、「どんな1kgの価値を創造できるか?」をテーマに最新の3Dプリンターを用いて作品を生み出しました。各デザイナーの要望をハードとソフトの両軸から実現する必要があるため、これまで5万人の顧客、16万件を超える受注実績があり様々なニーズに対応できるDMM.make3Dプリントが協力し、造形を行いました。

■使用機材
MIMAKI 3DUJ-553
EOS P760

■1kg展イベント内容
クルマの素材によく使われる値段の単位・「kg単価」。
電動化の進む自動車開発の現場では、減量化はとても重要なキーワードになっています。
デザイナーの発想でこの「kg単価」をどこまで価値あるものに仕上げられるか?
ものづくりの革命となりつつある最新の3Dプリンターを駆使して、時間や空間、物質を飛び越えた作品をJAIDならではの着眼点で楽しく表現し、同時に広くカーインテリアデザインの魅力を伝えるイベントです。

■「1kg」を3Dプリンターでどう表現するか
これまでもアート作品の造形は数多く手がけてきましたが、3Dプリンターは造型エリアが限られるため、表現に限りがありました。一部の作品はデータを分割し複数回に分けて造形し組み立てる事で表現の幅を広げる事ができました。
また、収縮等による歪みや積層方向による積層跡の付き方も考慮する必要があります。これらの課題を解決するためにエンジニアの経験と勘により微調整をかける事で、各デザイナーの要望を叶えることができました。

■開催概要

[画像2: https://prtimes.jp/i/2581/3242/resize/d2581-3242-650150-1.png ]


【会場1】東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1F GOOD DESIGN MARUNOUCHI
【会場2】東京都目黒区大橋2-22-42 DiGITAL ARTISAN
2会場で同時に開催されます。基本的な展示物はどちらも同じです。

開催期間:2019年1月12日(土)〜25日(金) 11:00-20:00(最終日のみ17:00閉場)
料金:入場無料

なお、最新情報はjaid各種SNSおよびDMM.makeFacebookページにて随時発信していきます。
Instagram: @jaid_since2015
https://www.instagram.com/jaid_since2015/

Facebook: JAID1kg
https://www.facebook.com/jaid1kg

Facebook: DMM.make
https://www.facebook.com/Dmm3DPrint/

■「1kg展」参加自動車メーカー
ダイハツ工業株式会社/株式会社本田技術研究所/三菱自動車工業株式会社/日産自動車株式会社/株式会社SUBARU/スズキ株式会社/トヨタ自動車株式会社

▼DMM.makeとは
「モノづくり」に関係する「人」と「情報」と「ツール」が集まる、makerのためのプラットフォームです。3Dデジタルスキャン、3Dプリンターを用いた造形、ハードウェア開発に必要な最新機材を取りそろえたシェアオフィスDMM.make AKIBAを運営。モノづくりをトータルで支えるプラットフォームです。
https://make.dmm.com/


■本件に関するお問い合わせ
DMM.com 広報部
〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00〜19:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com

DMM.make 3Dプリント事業部
E-MAIL:make-sales@dmm.com

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ