議員在職50年 小沢一郎「出世とキャリア」〈2〉

1月12日(日)6時0分 JBpress

1996年3月、新進党党首時代の小沢一郎(写真:ロイター/アフロ)

写真を拡大

 30代だった1970年代、ひたすら裏方に徹し、雌伏の時代を過ごした小沢一郎だが、80年代に入ると、いよいよその剛腕が唸りを上げ始めた。

 1982年11月、中曽根康弘内閣が発足する。キングメーカーとして君臨する政界最高実力者・田中角栄の影響が強かったことから「田中曽根内閣」と揶揄された。その言葉を象徴するかのように、田中の〝秘蔵っ子〟である小沢が同年12月、自民党総務局長に40歳で就任する。史上最年少だった。


中曽根が絶賛「名医の手術を見ているよう」

 総務局長は、選挙を現場で差配、指揮する要のポストである。当時は選対委員長がないため、選挙の責任者である幹事長の下で、擁立作業から情勢分析まで、実務は全面的に総務局長が取り仕切っていた。

 小沢はまず、83年4月の統一地方選で勝利し、さらに同年6月の参院選で鮮やかな手腕を見せた。この参院選は比例代表制が初めて導入された選挙だった。そこでの最大の課題は候補者の「名簿順位」だった。

 小沢は獲得党員数、他候補への応援回数など客観的な「数値」で候補者に順位をつけ、「現職を優先せよ」とする派閥領袖らの介入を最小限に抑えた。田中派偏重との批判もついて回ったが、最終的に小沢の持ち込んだ基準に説得力があり、名簿は原案通りに落ち着いた。幹事長の二階堂進が一切の実務を小沢に任せた点もプラスに働いた。参院選では改選議席を上回る68議席を獲得し、中曽根は勝利宣言する。小沢は国政選挙の指揮官として結果を出したのである。

 さらに、小沢の存在がクローズアップされる決定的瞬間が訪れる。83年8月7日に投開票された衆院京都2区の補選である。2議席をめぐって7人の候補が争うことになったこの補選に、自民党は谷垣禎一、野中広務の新人2人を公認、擁立した。革新が強い京都での自民2人擁立は共倒れの危険があった。だが、ここで小沢が凄腕を見せた。小沢が谷垣、野中両陣営に働きかけ、自民党の組織票を2等分する作戦を展開し、見事に成功したのだ。谷垣は12万5209票、野中は12万1890票で、その差は3319票。「神業」と呼ぶにふさわしい票割りだった。

 中曽根は小沢の手腕を絶賛し、「まるで名医の手術を見ているようだ」と語った。小沢は2019年11月29日に死去した中曽根に対するコメントで、このときのエピソードに触れ「えらく褒めていただいたことを覚えています」と言及している。小沢にとっても、非常にうれしい出来事だったのだろう。


落選の危機

 総務局長として大仕事を次々に成し遂げた小沢でも、結果を出せなかったのは1983年12月の「ロッキード判決選挙」「田中判決選挙」といわれた衆院選だ。同年10月12日、東京地裁でロッキード事件の丸紅ルートの判決公判が開かれ、田中は懲役4年、追徴金5億円の実刑判決を言い渡された。メディアは田中を批判し、国会は田中の議員辞職勧告決議案をめぐって紛糾、空転した。中曽根は事態打開のため、衆院解散に打って出る。結果はやはり惨敗で、追加公認でようやく過半数を確保した。

 選挙期間中、小沢は司令塔として自民党本部に詰めた。本来は、幹事長の二階堂が党本部に詰めるべきであるが、田中側近の二階堂自身が苦しい選挙戦を強いられており、地元の鹿児島3区に張り付いていた。小沢が実質的に東京で衆院選を指揮したのだ。

 だが、党本部詰めの代償は大きかった。76年、79年、80年の直近3回の衆院選をすべてトップ当選してきたこともあり、油断もあった。総務局長としての仕事を優先するため、当初地元入りしない予定だったが、終盤、地元情勢が厳しいことを知らされ、選挙区に戻らざるを得なかった。結果は、定数4の岩手2区で最下位当選。しかも、次点に2711票差という僅差だった。選挙戦で政治の師である田中を擁護する発言をしていたこともマイナスに働いた。辛うじて議席を死守したものの、小沢にとって、最大の危機だったといえる。


国会運営

 この危機を乗り越え、当選6回となった小沢に、再び出番が回ってくる。83年12月、議院運営委員会委員長に就任したのだ。議院運営委員会は通称「議運」と呼ばれ、与野党が本会議の進め方や内容を協議する。議運委員長は、閣僚経験者が務めることが多く、国会の常任委員長の中で最上位に位置するポストだ。

 当選同期の渡部恒三や奥田敬和が一足早く入閣する中、小沢は議運委員長として「縁の下の力持ち」に徹する。もともと根回しや調整は小沢が得意とするところだった。85年12月まで丸2年間も務め、国会の動かし方のコツを習得した。ただ、小沢としては、議運委員長は1年のつもりだったようだ。

 元衆院事務局職員で、小沢と一貫して政治活動を共にする元参院議員・平野貞夫の『小沢一郎との二十年』(プレジデント社)には「(1984年)11月1日に内閣改造が行われた。小沢さんは議運委員長を1年務めた後だから入閣と思っていた。だが、議運委員長をもう1年ということになった。この時、小沢さんは固辞するが、『大事な時だから、ここで議運委員長を続ければ、後で何か役立つはずだ』と私たち事務局職員もお願いして、議運委員長を85年12月、自治相になるまで続けることになる」とある。

 まさに平野の言う通りで、ここで議運委員長を2年務めた経験は後に有利に働く。現役のベテラン秘書は「小沢は国会対策委員長の経験はないのに、異常なまでに国会運営に詳しい。議運委員長時代に平野から相当学んだようだ。政治家がこなすべき『科目』は、政局や政策などいくつもあるが、国会運営と選挙対策の両方を極めた政治家は小沢ぐらいではないか」と語る。

 この経験により、小沢の政治家としての実力は格段に高まった。

(続く)

筆者:紀尾井 啓孟

JBpress

「小沢一郎」をもっと詳しく

「小沢一郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ