BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

米国特許取得件数、12年連続日本企業で第1位

PR TIMES1月12日(木)15時43分
米国の特許専門調査会社IFI CLAIMSパテントサービスによると、2016年に米国特許商標庁(USPTO)に登録された特許数(速報値)は、昨年に引き続きキヤノンが日本企業で最多の第1位となり、世界における全企業のなかでは第3位となりました。

キヤノンでは、日本国内はもとより海外での特許取得を重視しており、地域ごとの事業戦略や技術・製品動向を踏まえた上で特許の権利化を推進しています。特に米国は、世界最先端の技術をもつ企業が多く市場規模も大きいことから、米国での特許出願については、事業拡大、技術提携の双方の視点から注力しています。

【米国特許取得件数における日本企業中のキヤノンのランキングおよび特許取得件数】

2016年  1位(3位)  3,665件
2015年  1位(3位)  4,127件
2014年 1位(3位) 4,048件
2013年 1位(3位) 3,820件
2012年 1位(3位) 3,173件
2011年 1位(3位) 2,818件
2010年 1位(4位) 2,551件
2009年 1位(4位) 2,200件
2008年 1位(3位) 2,107件
2007年 1位(3位) 1,983件
2006年 1位(3位) 2,366件
2005年 1位(2位) 1,829件

* 2016年の特許取得件数はIFI CLAIMSパテントサービスの発表に基づく。2005年〜2015年の件数は米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office, USPTO)の公開情報に基づく。
* (  )内は世界における全企業中のランキング。

キヤノンは、「技術優先」という企業DNAを大切にしています。研究開発成果については、キヤノングループの経営に関する方向性や技術動向を見極めた上で、積極的に特許の権利化を推進し、また、先行技術調査の徹底により特許出願の質を高めています。今後も技術部門と知的財産部門の緊密な連携によりキヤノンの技術力を向上させ、より良い製品を提供していきます。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「特許」をもっと詳しく

注目ニュース
人手不足で高騰する初任給 新たな学歴格差生む懸念も NEWSポストセブン5月23日(火)7時0分
就職活動中の学生にとって、会社選びの重要な決め手となるのは「給与水準」だろう。初任給だって1円でも高いほうが、働く意欲に結びつくはず。[ 記事全文 ]
来場者低迷、レゴランド隣接店舗が2か月で閉店 読売新聞5月23日(火)9時13分
名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」の隣接地に今年3月オープンした複合商業施設「メイカーズピア」で、テナントのレストラン1店舗が22日の営業を最後に閉店したことが分かった。運営会社は、来場者が想定を大幅に下回っていることが理由と説明している。[ 記事全文 ]
有機ELテレビは「漆黒の闇」も表現 次の本命になれるのか NEWSポストセブン5月21日(日)7時0分
テレビの技術進化が目覚ましいが、今年は各電機メーカーから〈液晶の次の本命〉との呼び声高い「有機ELテレビ」が相次いで発表され、“有機EL元…[ 記事全文 ]
既存車種でEV開発=スバルの吉永社長インタビュー 時事通信5月22日(月)2時1分
SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は21日までにインタビューに応じ、2021年の発売を計画している電気自動車(EV)について、「既存車種…[ 記事全文 ]
ルイ・ヴィトンの売上No.1を誇る「伝説の女性店員」が教える“会話がはずむ話し方”とは!? PR TIMES5月23日(火)13時18分
株式会社かんき出版(本社:千代田区代表取締役社長:齊藤龍男)は、『元ルイ・ヴィトンの販売実績No.1が伝える売上が伸びる話し方』(鈴木比砂…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア