BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

米国特許取得件数、12年連続日本企業で第1位

PR TIMES1月12日(木)15時43分
米国の特許専門調査会社IFI CLAIMSパテントサービスによると、2016年に米国特許商標庁(USPTO)に登録された特許数(速報値)は、昨年に引き続きキヤノンが日本企業で最多の第1位となり、世界における全企業のなかでは第3位となりました。

キヤノンでは、日本国内はもとより海外での特許取得を重視しており、地域ごとの事業戦略や技術・製品動向を踏まえた上で特許の権利化を推進しています。特に米国は、世界最先端の技術をもつ企業が多く市場規模も大きいことから、米国での特許出願については、事業拡大、技術提携の双方の視点から注力しています。

【米国特許取得件数における日本企業中のキヤノンのランキングおよび特許取得件数】

2016年  1位(3位)  3,665件
2015年  1位(3位)  4,127件
2014年 1位(3位) 4,048件
2013年 1位(3位) 3,820件
2012年 1位(3位) 3,173件
2011年 1位(3位) 2,818件
2010年 1位(4位) 2,551件
2009年 1位(4位) 2,200件
2008年 1位(3位) 2,107件
2007年 1位(3位) 1,983件
2006年 1位(3位) 2,366件
2005年 1位(2位) 1,829件

* 2016年の特許取得件数はIFI CLAIMSパテントサービスの発表に基づく。2005年〜2015年の件数は米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office, USPTO)の公開情報に基づく。
* (  )内は世界における全企業中のランキング。

キヤノンは、「技術優先」という企業DNAを大切にしています。研究開発成果については、キヤノングループの経営に関する方向性や技術動向を見極めた上で、積極的に特許の権利化を推進し、また、先行技術調査の徹底により特許出願の質を高めています。今後も技術部門と知的財産部門の緊密な連携によりキヤノンの技術力を向上させ、より良い製品を提供していきます。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「特許」「企業」「日本企業」「キヤノン」の関連トピックス

「米国特許取得件数、12年連続日本企業で第1位」の関連ニュース

注目ニュース
ローソンは3強から脱落するのか 玉塚氏退任と「分岐点」の関係 J-CASTニュース4月22日(土)16時0分
ローソンの玉塚元一会長(54)が2017年5月末の株主総会で退任する。サントリーホールディングスに転じた新浪剛史氏(58)の後継として経営…[ 記事全文 ]
「公務員=老後生活が安定」は昔話に? “イデコ”活用への期待 オリコン4月22日(土)11時20分
2015年10月、“公務員の年金優遇”とされていた共済年金が廃止され、厚生年金へ統一された。[ 記事全文 ]
従業員を停職処分=米航空、またトラブル 時事通信4月23日(日)8時35分
【ニューヨーク時事】米アメリカン航空グループは22日、女性の乗客が機内に持ち込もうとしたベビーカーを従業員が強引に取り上げたとして、従業員…[ 記事全文 ]
妊産婦、今でも年50人前後が死亡  横ばい状態、なぜ減らないのか J-CASTニュース4月19日(水)12時7分
日本の妊産婦死亡率は、厚労省によると、世界的に非常に低いとされるが、それでも最近の6年余で298人が亡くなっている。[ 記事全文 ]
酒類CMの自主規制 「アニメ」「25歳以下」「ゴクゴク」はNG NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
有名俳優が海の見える縁側でビールをゴクゴク飲み干す──ビール党にはたまらないそんな“定番”のテレビCMを最近見なくなった。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア