有効求人倍率1.89倍、人材不足の愛知で、中小企業相談所OKa-Bizとハローワーク岡崎が連携

1月14日(火)13時30分 @Press

岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(所在地:愛知県岡崎市、センター長:秋元 祥治、以下「OKa-Biz」)は、岡崎公共職業安定所(以下「ハローワーク岡崎」)と連携し、ハローワーク岡崎内に、OKa-Bizで支援した企業の求人情報を紹介するコーナーを設置します。採用したい企業と求職者の双方を支援するハローワーク岡崎と、企業の経営に関する課題に対し幅広くサポートしているOKa-Bizが連携を強めて、採用に課題を抱える企業を支援する取り組みです。
自治体運営の中小企業相談所とハローワークの連携は全国でも珍しく、地域連携で採用課題解決を図ります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202481/LL_img_202481_1.jpeg
連携し、ハローワーク内へコーナー設置

【背景】採用に苦戦する中小企業
少子高齢化を背景として人手不足が深刻になりつつあります。2019年10月時点の愛知県の有効求人倍率は1.89倍と高水準が続き、また、同月の全国における完全失業率は2.4%でした。売り手市場であり、採用する側の企業にとっては採用に苦労する厳しい状態といえます。OKa-Bizにも採用に関する相談が増えており、採用にお金をかけられない中小企業も多いなか、お金をかけずに求人できるハローワークの活用を支援しています。ハローワークは中小企業の重要な採用手段となっており、また求職者においてもどの年齢区分においても一般的な採用経路となっています。
(出典: 2017年版「中小企業白書」 https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H29/h29/index.html )。


【内容】月に1回程度、採用状況に合わせて掲載
OKa-Bizで支援した企業の求人情報紹介コーナーには、OKa-Bizを利用して売上が上がった、販路を開拓できた、新商品や新サービスの開発に取り組んだといった、経営改善に積極的に取り組まれている企業の求人情報を掲載します。採用活動を続けているが採用に至らないといった課題を抱える企業に対し、より企業の強みや取り組みを見える化し、求職者に関心を持ってもらい、応募・採用に繋げるための取り組みです。採用に課題を抱える企業が複数あるため、採用状況に合わせ、主に1ヶ月を目途に更新します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/202481/LL_img_202481_2.jpeg
コーナー内容

【今後の展開】開設7年目のOKa-Bizは中小企業の採用サポートを強化
OKa-Bizはこれまでも中小企業の採用をサポートしてきましたが、開設7年目はさらに支援を強化します。2019年9月には、ハローワーク岡崎と共催で「お金をかけずに欲しい人材を引き寄せる」をテーマにセミナーを開催。具体的な求人票の書き方や添削なども行い、採用に至るなど成果が出ています。2月には、ハローワーク求人専門社労士をゲストアドバイザーにむかえ、個別相談会の開催を予定しています。今回の取り組みを契機に、ハローワークとの連携を深め、採用に悩む中小企業の支援を強化します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/202481/LL_img_202481_3.jpg
OKa-Biz相談の様子


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ハローワーク」をもっと詳しく

「ハローワーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ