英国風パブ「HUB」を運営するハブ、株主優待を拡充! 新型コロナウイルスの影響で“無配”としたことを踏ま え、2021年2月限定で「飲食券」の贈呈枚数を2倍に!

1月14日(木)0時15分 ダイヤモンドオンライン

 英国風パブの「HUB」を運営する株式会社ハブが、2021年2月末の株主限定で、株主優待を拡充することを、2021年1月13日の15時30分に発表した。



 ハブは2020年2月末から株主優待を導入したばかりで、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて1000〜5000円分の『飲食券』を贈呈」というもの。


 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって業績に甚大な影響を受け、2021年2月期の配当を「無配」にせざるを得なかったことから、2021年2月末の株主限定で、株主優待が拡充されることに。この拡充によって、贈呈される「飲食券」の枚数が従来の2倍になる。


 なお、ハブは2020年2月末を基準日とする株主優待でも、2020年2月期の配当を減配したことを理由に、同様の拡充を行っている。


ハブの株主優待制度の詳細と利回りは?


























■2021年2月末のハブの株主優待制度
基準日保有株式数株主優待内容
2021年2月末
100株以上飲食券2000円分
300株以上飲食券6000円分
500株以上飲食券1万円分

























■通常のハブの株主優待制度
基準日保有株式数株主優待内容
2月末100株以上飲食券1000円分
300株以上飲食券3000円分
500株以上飲食券5000円分

 ハブの2021年1月13日時点の株価(終値)は560円なので、2021年2月末を基準日とする株主優待の利回りは以下のようになる。


(100株保有の場合)

投資金額:100株×560円=5万6000円

優待品:飲食券2000円分

優待利回り=2000円÷5万6000円×100=3.57%


(300株保有の場合)

投資金額:300株×560円=16万8000円

優待品:飲食券6000円分

優待利回り=6000円÷16万8000円×100=3.57%


(500株保有の場合)

投資金額:500株×560円=28万円

優待品:飲食券1万円分

優待利回り=1万円÷28万円×100=3.57%


 ハブの株主優待は、同社の店舗で利用できる「飲食券」。同社はコロナ禍で業績に大きな打撃を受けており、前期は配当を「減配」、今期は配当予想を「無配」としている。今回の株主優待の拡充は、この影響を受けてのもの。なお、飲食券の有効期限は、通常だと発行日の翌年5月末とされているが、今回は発行日の翌年9月末までと長くなっている。ただし、業績の悪化は深刻なため、投資をする際は注意が必要だろう。

【※関連記事はこちら!】

⇒【2021年1月】QUOカード優待利回りランキング! 配当+株主優待利回りが3.20%の不二電機工業など、2021年1月確定「QUOカード優待」利回り&内容を紹介!


 ハブは英国風パブの「HUB」を展開する企業。2021年1月13日に発表した2021年2月期の第3四半期の業績は、売上高が32億8800万円(前年同期比64.3%減)、営業利益が11億900万円の赤字、経常利益が11億1100万円の赤字、四半期純利益が19億6700万円の赤字。コロナ禍の影響が未知数であることから、通期予想は公表していない。






































ハブ
業種コード市場権利確定月
小売業3030東証1部2月末
株価(終値)
必要株数最低投資金額配当利回り
560円100株5万6000円

【ハブの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2021年1月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンドオンライン

「新型コロナ」をもっと詳しく

「新型コロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ