BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

試験の最中に頭が真っ白になったときはどうすればいい?

Excite Bit コネタ1月14日(土)20時30分
画像:試験の最中に頭が真っ白になったときはどうすればいい?
写真を拡大
画像:試験の最中に頭が真っ白になったときはどうすればいい?
写真を拡大
画像:試験の最中に頭が真っ白になったときはどうすればいい?
写真を拡大
<>
「あれだけ勉強したのに緊張で頭が真っ白!」「ど忘れした!これ覚えたはずなのに…」学生時代、誰もが経験したことのあるこの瞬間。このようなとき、どのような対策があるのかを、えむ心理研究室の家庭教師カウンセラー 石割美奈子さんに聞いてみた。

試験の最中に頭が真っ白になる原因3つ


<>
石割さんによれば、試験の最中に「頭が真っ白」になる原因には次の3つが考えられるという。

1.緊張への耐性が弱い
「ただ緊張するだけでは頭が真っ白にはなりません。緊張への耐性が弱かったり、緊張するのに慣れていなかったりすると、緊張に飲み込まれてしまいます。すると、どんどん緊張が高まり、コントロールできなくなって頭が真っ白になってしまうのだと思われます」

2.予想外の事態への対応力不足
「“予想外の事態”に臨機応変な対応をするのが困難な人は、頭が真っ白になりがちです。
例えば『まさかこんな問題が出るとは…』といったように、意外な問題や、わからない問題が出てくると、頭が真っ白になってしまう場合はこのタイプといえるでしょう。
また、緊張や不安が高まると『まさか自分がこんなに緊張するとは…』と自分の体調や心境に驚きパニックになるパターンもあります。

3.完璧主義な性格
「完璧主義な人は、試験中に頭が真っ白になりやすいです。完璧に問題を解こうとするあまり、自分を追いつめてしまいがちなので、緊張が高まりやすいのです。
大抵の人は『試験なんだから緊張して当たり前』と考えて緊張状態と折り合いをつけるのですが、完璧主義の人は『緊張せずにいつも通りの落ち着いた気持ちで試験を受ける自分』を追い求めてしまいます。すると、緊張したまま試験を受けること自体が非常に苦痛になりがちです。
“完璧な解答、完璧な精神、完璧な受験態勢”を無意識に目指しているために、余計に身体も心もこわばり、“頭真っ白状態”を招きやすくなってしまいます」

頭が真っ白になったときこそ自分を客観視


<>
では、試験の最中に頭が真っ白になったり、一つだけど忘れしてしまったりした際には、どのように対処するのがいいのだろうか。石割さんに教えてもらった。

「“頭が真っ白”の状態に飲み込まれないことが大事です。

『頭が真っ白になっている』とか『ど忘れして混乱している』という状況に心がとらわれてしまうと、緊張や混乱がどんどん悪化してしまいます。

対処法は、客観的な視点を取り入れること。緊張や混乱にとらわれた自分から脱して、少し離れたところから自分を見つめる視点を意識しましょう。

最も簡単な方法は、『○○という自分がいる』と考えることです。

『頭が真っ白! どうしよう!』と混乱しそうになったときに、

『頭が真っ白になっている自分がいる』
『どうしようと思っている自分がいる』

というふうに『○○という自分がいる』と考えるだけで現状を客観的にとらえることができます。それだけで、かなり“頭真っ白”“ど忘れで混乱”などの困った緊張状態から抜け出せると思います」


頭が真っ白・ど忘れ予防策


試験の最中はぜひ実践したい。また、試験前に予防もしておきたいものだ。石割さんによれば、原因3つそれぞれへの対策をしておくといいという。

1.緊張に慣れる
「緊張に慣れるためには、何度も模試を受けたり、試験本番を想定したイメージトレーニングをしたりすると良いでしょう。人前で話したり、初対面の人と会う機会を作ったりなど、試験以外の緊張状況を作って練習することでも、同様の効果が得られます」

2.予想外の事態への対応力を身につける
「予想外の事態への対応力は、いろんなことにひとりでチャレンジすると身につきます。簡単なことでいいのです。作ったことのないレシピで料理したり、知らない道を散歩したりするなど、“いつもとちょっとだけ違うこと”に触れ合う機会を持つと良いでしょう」

3.完璧主義な性格を和らげる
「完璧主義を和らげるには、まずは“自分は完璧主義なんだ”と自覚するところから始まります。家族や友達に自分の性格について聞いてみたり、自己分析したりすると性格改善の糸口が見つかりやすいです」

今後は、試験の最中に頭が真っ白になったり、ど忘れしてしまったりしたときも、冷静に対処できそうだ。また、試験が迫っている人は、ぜひ日頃の予防策も実践して予防しておくことで、より安心感と自信が得られることだろう。
(石原亜香利)

取材協力
<>
えむ心理研究室 家庭教師カウンセラー 石割美奈子さん
プロ家庭教師の学習支援と臨床心理士のカウンセリングで、成績・受験・勉強方法・学校生活・親子関係・不登校の悩みを専門的にサポートします。
http://ameblo.jp/m-freeproject
Excite Japan Co., Ltd.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「理研」をもっと詳しく

注目ニュース
"印象操作がお気に入り"安倍政権の異様さ プレジデント社7月27日(木)9時15分
7月24日と25日、安倍晋三首相や関係閣僚が、加計学園の獣医学部新設問題や陸上自衛隊の“日報廃棄”をめぐる稲田朋美防衛相の発言などについて…[ 記事全文 ]
韓国のサムスン電子、最高益に 4〜6月期、半導体けん引 共同通信 47NEWS7月27日(木)12時2分
【ソウル共同】韓国の電機大手、サムスン電子が27日発表した2017年4〜6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比で73%増…[ 記事全文 ]
高卒と専門卒「年収」はどちらが高いのか プレジデント社7月27日(木)9時15分
「有名大学でなければ、大学に進んでも意味がない」「いまは学歴より『手に職』が重要だ」。よくそういわれるが、いずれの認識も間違っている。[ 記事全文 ]
「訪日客は迷惑」京都を悩ます"観光公害" プレジデント社7月26日(水)9時15分
観光客が大挙して押し寄せ、地域でトラブルを起こす「観光公害」が増えている。京都では27年続いていた夜桜イベントが中止に追い込まれた。[ 記事全文 ]
安倍首相や蓮舫議員の受け答えから考える。リーダーが持つべき「受ける力」とは All About7月26日(水)20時15分
「受ける力」はリーダーとしての重要な資質のひとつ内閣支持率急降下の一因である加計学園を巡る疑惑解明等に関連して、国会は閉会中審査を開催し、…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア