難しすぎ!? 東京ディズニーランド「スター・ツアーズ」の試験問題にスター・ウォーズファンが挑戦した結果

1月14日(日)12時40分 J-CASTニュース

これがキット。会社案内、問題冊子、解答用紙、ボールペンがセット

写真を拡大

東京ディズニーランド(TDL)のトゥモローランドで、映画『スター・ウォーズ』の世界をテーマとした「スター・ウォーズ・プログラム"フィール・ザ・フォース"」が開催中だ。



TDL初開催の企画で、特にアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」は、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のシーンが追加されたスペシャルバージョンとあり、スター・ツアーズファン&スター・ウォーズファン両方の心をつかんでいる。


スター・ウォーズファンもうならせる難易度



そんな中、TDLに取材に行ったJ-CASTトレンドの記者が、頭を抱えて帰ってきた。有料(1080円)で楽しめる体験プログラムの「スター・ツアーズ・リクルーティング」の問題が、難しすぎてどうにも解けないというのだ。



「スター・ツアーズ・リクルーティング」とは、簡単にいえば、謎解きや知識を問う問題集。



トラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」に登場する宇宙旅行社「スター・ツアーズ」の入社試験という体で、スター・ツアーズはもとよりスター・ウォーズファンもうならせる難易度だという。



取材に行った記者は自他ともに認める東京ディズニーリゾートの大ファンだが、「まったく歯が立たなかった」とのこと。一体どれほど難しいのか——?



編集部では、弊社(ジェイ・キャスト)全社の中で「我こそは」というスター・ウォーズファンを募り、試験問題を解いてもらうことにした。



練習問題の一例を出そう。



Q:モス・アイズリーのカンティーナで演奏をしていたバンドの名前を選びなさい。

1 モーダル・ダンとノーズ・フィグリン

2 フィグリン・ダンとモーダル・ノーズ

3 フィグリンとモーダル・ダン・ノーズ

4 ダン・フィグリンとノーズ・モーダル


正解は...「2」だ。



本編の「入社試験」は知識力、応用力、行動力をみるもので、スター・ウォーズの知識だけでなくスター・ツアーズでの経験や、パーク内での探索も必要になる。



「ぜんぜんわかりません」「2個しか解けない」



さて、弊社の自称スター・ウォーズファンは何人か集まってきたが、面白いように「撃沈」していく。「ぜんぜんわかりません」「2個しか解けませんでした」「たぶんこれが正解だと思うんですが......」←(たぶんってなんだよ!)



そんな屍を超えてやってきたのが、スター・ウォーズLOVEの30代男性だ。聞けば、公開時とディレクターズカット版のDVD-BOXをコンプリートし、設定資料集やデータ集なども所有、ついでにいえばライトセーバーも2本所有している。


ネタバレになるので、問題をここで紹介することはできないが、彼にみてもらったところ、「スター・ウォーズ」の知識を問う問題に限っていえば、「おそらく全部当たっている。自信がある」とのこと。



難易度を尋ねると「これは難しいというかよく作っているなと思いますよ」と、手ごたえを感じた様子。



「きっと映画を観た、それも『一通り観たんですけど...』というくらいでは歯が立たないと思います。設定資料集とか、何度も何度も見返している人なら、解けると思いますよ」


スター・ウォーズファンもうならせる「入社試験」。2018年3月19日までなので、気になる人はお早目に! 冊子の販売は、ソフトランディンッグ、コズミック・エンカウンター、プラネットMだ。



詳細は公式サイトから。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スター・ウォーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ