BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

外食市場、11月は前年比減少も、一部業態は好調 選ぶ決め手は「メニュー」で、「友人」と行きたい

MONEYzine1月14日(土)18時0分
 2016年11月の外食市場は、頻度や単価の減少で前年比で縮小した。一方、お店選びでは「メニュー」が決め手になるようだ。


 株式会社リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は12月26日、2016年11月の「外食市場調査」の結果を発表した。調査時期は12月1日から7日、調査対象は首都圏、関西圏、東海圏の中心部在住の男女で、有効回答者数は1万145名。


 推定される人口と外食実施率、外食単価などをもとに算出した11月の外食市場規模は3,067億円で、前年同月を132億円下回った。エリア別では首都圏が1,893億円で同106億円縮小、関西圏が811億円で同13億円縮小、東海圏が363億円で同14億円縮小した。外食の実施率は75.7%で前年同月と同水準で推移したものの、外食の頻度が3.98回で同0.09回減少、外食の単価が2,462円で同60円減少したことなどが影響して市場規模が縮小した。


 外食市場規模を業態別にみると、焼鳥や串焼きなどの居酒屋が700億円で前年同月比16億円縮小、すしや割烹などの和食料理店が467億円で同35億円縮小、フレンチ・イタリアン料理店が229億円で同27億円縮小、ラーメン専業店を除いた中華料理店が179億円で同2億円縮小した。しかし、焼肉、ステーキ、ハンバーグなどの専業店は281億円で同17億円拡大したほか、ファミリーレストラン、回転すしなどは217億円で同8億円拡大するなど、業態により明暗が分かれた。


 一方、オープンテーブル株式会社は、運営するレストラン予約サイトの利用者2,047名を対象に「外食に関する意識実態調査」を実施し、その結果を11月16日に発表した。調査期間は9月20日から30日にかけて。


 誰と外食(ディナー)をしたいか複数回答で聞いたところ、「友人・知人」が65.6%で最も多かった。以下、「配偶者」(37.7%)、「家族・親戚」(35.4%)、「恋人」(26.4%)、「仕事仲間」(21.2%)の順で続いた。また、12.0%の人が「1人」と回答し、日常を離れてゆっくり食事を楽しみたいと考える消費者も多かった。ディナーのレストランを選ぶ決め手を複数回答で聞いたところ、「メニュー」が78.2%で最も多く、以下、「雰囲気」(64.4%)、「価格」(58.2%)の順で続いた。


 外食の頻度や単価が大きく伸びない中、外食先として選ばれるのは、日常を忘れて友人や知人とくつろげる、メニューが充実しているお店といえそうだ。


サイトウ イサム[著]、加藤 秀行[著]
Copyright 2007-2015 MoneyZine, Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved.

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「外食市場、11月は前年比減少も、一部業態は好調 選ぶ決め手は「メニュー」で、「友人」と行きたい」の関連ニュース

注目ニュース
東芝、グループ会社の株売却へ 債務超過回避、資産処分3千億円 共同通信 47NEWS1月21日(土)19時7分
米原発事業で最大7千億円規模の損失を見込む東芝が、財務改善に向け、上場グループ会社7社の株式売却を加速するため、保有見直しに着手したことが…[ 記事全文 ]
農家、TPP離脱に歓迎と戸惑い 「今までの準備は…」 共同通信 47NEWS1月21日(土)19時39分
トランプ米大統領が環太平洋連携協定(TPP)離脱を正式表明したことに、反対派の農家からは歓迎の声が上がった。[ 記事全文 ]
東芝、今度は「半導体」の分社化検討 残る事業は...えっ!コレだけ? J-CASTニュース1月19日(木)15時50分
経営再建中の東芝が、主力のフラッシュメモリーを含む半導体事業を分社化して他社からの出資の受け入れを検討している。[ 記事全文 ]
トランプの「トヨタ叩き」意外な狙いとは? プレジデント社1月21日(土)11時15分
■問題視したのは相手国の“消費税”日本時間で1月21日未明、正式に米国大統領に就任したドナルド・トランプ氏だが、ここ40年ほど歴代の次期大…[ 記事全文 ]
東芝原発子会社、買収取りやめ…巨額損失受け 読売新聞1月21日(土)9時18分
東芝は20日、米原子力発電子会社「ウェスチングハウス(WH)」が予定していた米原発部品会社の買収を取りやめたと発表した。米国の原子力事業で巨額損失の可能性が生じたことをうけ、買収費用を抑えて経営の悪化を避ける狙いがある。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア