BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

東京工科大学八王子キャンパスで『GlobalGameJam2017(GGJ2017)』が開催 -- 東京工科大学メディア学部

Digital PR Platform1月14日(土)8時5分
2017年1月20日(金)から22日(日)の期間に『Global Game Jam 2017(GGJ2017)』が世界577の会場(1月12日現在。2016年の実績は632会場)で開催され、東京工科大学八王子キャンパスもその1会場として実施される。会場の運営等をメディア学部が実施し、メディア学部生も参加する。


 48時間という制限時間内で、世界中のゲーム開発者らが同時にゲーム開発を行なう世界最大規模のイベント『Global Game Jam 2017(GGJ2017)』が、2017年1月20日(金)から22日(日)まで、世界577の会場(1月12日現在)で行なわれる。

 会場のひとつとなっている東京工科大学八王子キャンパスでは、67名(1月12日時点)が参加を予定。ゲーム開発に携わるプロや学生らが即席で6〜8人のチームを結成し、当日発表されるテーマのもと48時間以内でのゲーム開発を目指す。完成したゲームはウェブサイト一斉にアップされ、世界中の開発者らが評価し合う。

 GGJは2009年から開催しているもので、48時間という限られた時間内で、世界中のゲーム開発者たちが同時に開発に取り組み、革新的な発想や新しい技術や手法への挑戦を行なう実験的なイベント。その規模は年々拡大し2012年には、世界47カ国242会場に1万人余りが集まり、2209のゲームが開発され、世界最大規模のゲーム開発イベントとしてギネス世界記録にも認定されている。その数は2015年には500会場を超え、ますます拡大している。

 東京工科大学では、実践的なゲーム開発教育の一環として、メディア学部の三上浩司教授と学生らが中心となり、2010年からイベント運営やUSTREAMによるライブ番組の制作・配信などに携わっている。また、学生が実際にイベントに参加することで、ゲーム開発のプロセスが短時間に凝縮された現場を体験する貴重な機会となっている。

■GGJ2017東京工科大学会場 実施概要
日程:
1月20日(金) 開会式(18:30〜)・ゲーム開発
21日(土) ゲーム開発
22日(日) ゲーム開発・ゲーム公開(17:00〜)
会場: 東京工科大学八王子キャンパス 片柳研究所棟
参加人数: 67名(1月12日時点)
運営: 東京工科大学メディア学部

関連リンク

■GGJ東京工科大学会場サイト
http://www2.teu.ac.jp/media/~mikami/GGJ/2017/schedule.html

■GGJ日本国内合同サイト
http://ggj.igda.jp/

■GGJ公式サイト(英文)
http://globalgamejam.org/

■東京工科大学メディア学部WEB
http://www.teu.ac.jp/gakubu/media/index.html

▼本件に関する問い合わせ
 東京工科大学 広報課
 Tel: 042-637-2119
 Fax: 042-637-2059

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/
Copyright(C)Digital PR Platform All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「東京」をもっと詳しく

注目ニュース
姑の介護 嫁のはらわたが煮えたぎる理由 プレジデント社6月24日(土)11時15分
老親を在宅介護することになった。仕事に忙しい自分は介護の担い手になれない。兄弟姉妹も“口だけ”介護。[ 記事全文 ]
ディズニーランドの「古地図」 オークションで1億円突破か Forbes JAPAN6月24日(土)12時0分
ディズニーランドやウォルト・ディズニー関連のビンテージアイテムがオークションにかけられる。[ 記事全文 ]
君は調査兵団になれるか!「第1回 進撃の巨人検定〜調査兵団入団テスト〜」「検定、受け付けてます」サイトにて申込受付スタート! ドリームニュース6月23日(金)14時30分
日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰、略称:日販)は、幅広い読者から絶大な人気を誇る大ヒットコミック「進撃の…[ 記事全文 ]
日産、SUVに初のPHV…三菱自の技術活用 読売新聞6月23日(金)9時1分
日産自動車は、家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を、2019年にも発売する方針を固めた。16年10月に傘下に収めた三菱自動車の技術を活用し、人気が高いスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」の全面改良に合わせ、日産では初となるPHVを投入する計画だ。[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア