アクサルタ社、第69回世界自動車人気色調査年次報告書の発表で 自動車塗色における主導的地位を強化

1月14日(金)11時47分 PR TIMES

●世界のモビリティ市場においてグレーの人気が引き続き高まっている
●ホワイト塗装車への関心が最も高いが、主要市場で人気度が低下している
●多彩な色合いのブルーの人気度は昨年比1%増

グレン・ミルズ(米国ペンシルベニア州) - 液体・粉体塗料の大手グローバルサプライヤーであるアクサルタ社(ニューヨーク証券取引所略号:AXTA)が、第69回世界自動車人気色調査年次報告書を発表しました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/6669/80/resize/d6669-80-aa4f5f17b2f3a6f115dd-0.png ]


この報告書によると、路上で最も多く見られる自動車塗色は、ホワイト(38%)、ブラック(19%)、
グレー(19%)の順で、グレーの人気度は、世界全体で4ポイント上昇しました。アクサルタ社の
世界自動車人気色調査報告書の結果は、同社による2021年の自動車製造データの分析に基づいており、
現在の市場動向の指標になっています。

ホワイト塗装車は、2011年以降、世界の道路上で最も多く見られる自動車塗色となっており、アジアで、
ホワイト塗装車の製造台数が最も多くなっています。全体的な傾向としては、ホワイトの人気度は2017年にそれまでで最高の39%を記録して以降、毎年いくつかの地域で低下しています。今年は、ホワイトが3ポイント低下しましたが、その主な原因は、すべての地域での低下、特に中国での7%の低下です。


ヨーロッパは、グレーの人気が最も高い唯一の主要地域で、3年連続で人気ナンバーワンとなり、27%を記録しました。南米では、シルバーの人気が非常に高く、23%で2位となりました。高級車部門では、ヨーロッパでブラックの人気が最も高く22%で、リードを続けています。路上でのレッド塗装車が最も多いのは北米で8%を記録しました。


2021年は半導体チップの不足が自動車生産に影響を及ぼしたため、自動車市場は厳しい状況になりました。アクサルタ社のナンシー・ロックハート(カラー担当グローバルプロダクトマネージャー)は、「今後の自動車塗色の人気の傾向は、消費者の需要によって示されることが予想されます」と述べています。


アクサルタ社は、自動車産業で使用される塗料の色に関する報告書を1953年から発表しており、現在でもカラートレンドと色彩の嗜好に関する報告書を発表し続けています。また、アクサルタが毎年発表している世界カラートレンド予測では、さまざまな色の予測が報告されています。自動車塗色の将来展望は、自動車と消費者の嗜好の進化に合わせて変化し続けています。アクサルタ社は、車体表面にとって美的にも機能的にも有益なコンセプトカラーを設計しています。詳細については、アクサルタ社の世界自動車人気色調査年次報告書とカラートレンド報告書と消費者嗜好調査報告書をご覧ください。過去の報告書はColor (axalta.com)からご覧いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/6669/80/resize/d6669-80-779aea0003ff542b1d6e-1.png ]



アクサルタコーティングシステムズ について

アクサルタは塗料に特化し、革新的、カラフルで、美しく持続可能なソリューションをお客様に提供する、世界をリードするグローバルカンパニーです。自動車OEM、商用車両、補修用アプリケーションから、電気モーター、ビル、パイプラインまで、私たちのコーティングは腐食防止、生産性の向上、コーティングした材料の長期品質保持に役立ちます。塗料業界で150 年以上の歴史を持つアクサルタは、14,000 人の従業員が世界130 か国の10 万人以上のお客様のために、最高のコーティング、アプリケーションシステムとテクノロジーを提供するために日々、尽力し続けています。詳しい情報は、www.axaltacs.com/jp をご覧下さい。アクサルタコーティングシステムズ - YouTube も併せてご覧ください。

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ