2018年「インターナショナル・ビアカップ2018」金賞を受賞した淡路島唯一のクラフトビール「あわぢびーる」シリーズより、女性も飲みやすい、淡路島産の爽やかなライムフレーバー「島ライム」新登場

1月15日(火)16時40分 PR TIMES

1月15日(火)新発売

淡路島の自然が生み出す世界に一つのクラフトビールを製造・販売する、ユーアールエー株式会社(所在地:兵庫県淡路市大磯、代表取締役社長:井植啓悟)は、世界5大ビール審査会の1つ「インターナショナル・ビアカップ2018」にて受賞歴のある「あわぢびーる」シリーズより、爽やかなライムが香る「島ライム」を1月15日(火)より新発売いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/40849/1/resize/d40849-1-629992-1.jpg ]


【女性も飲みやすい、淡路島の天然ライムフレーバービール「島ライム」】
1月15日に新登場したクラフトビール「島ライム」は、淡路島で穫れたライムを使用し、天然フレーバー香る爽やかな新商品となっています。さらにすっきりした香りに併せ、アルコール度数を低くおさえることで、女性にも好まれるビールに仕上げています。

【淡路島産ライムとは?】

[画像2: https://prtimes.jp/i/40849/1/resize/d40849-1-390416-0.png ]


朝廷、天皇家に御贄(みにえ)として食材を納めるよう指定された地域で、特に豊かな食に恵まれた地域であったことから、「御食国(みけつくに)」と呼ばれていた淡路島。晴れの日が多く温暖な気候で、育った「淡路島産ライム」は、味が濃く、香り高く、さらに皮まで使用できることが特徴です。

【あわぢびーるについて】
「あわぢびーる」は淡路島唯一のクラフトビールとして、1998年より販売を続けています。「島時間が育てる、世界に一つのクラフトビール」というコンセプトを掲げ、新商品「島ライム」など2種のフレーバーを含め7種のビールを展開しています。2018年には、世界で3番目の歴史を持つ、世界5大ビール審査会の1つ「インターナショナル・ビアカップ2018」にて「あわぢびーる ピルスナー」が金賞 、「あわぢびーる アルト」が銅賞を受賞し、さらなる進化を続けているクラフトビールシリーズです。
「あわぢびーる」公式サイトURL:http://awajibrewery.com/


商品概要

商品名:島ライム
発売日:2019年1月15日
販売地域:関西地域を中心に20,000本限定販売
公式サイトURL:http://awajibrewery.com/
販売価格:330ml:小売希望価格540円(税込) ※卸先店舗により異なる場合がございます。
アルコール分:4.5%
原材料:小麦麦芽(ドイツ産)、大麦麦芽、ホップ、ライムピール/炭酸
本商品に関するお問い合わせ先:
ユーアールエー株式会社  企画部 担当/立谷(たつたに)
TEL:0799-74-3257 FAX:0799-74-5522 E-mail:tatutani@ura.co.jp

会社概要

会社名:ユーアールエー株式会社
所在地:〒656-2302 兵庫県淡路市大磯6番地
設立:1963年(昭和38年)5月13日
資本金:6,500万円
代表:代表取締役社長 井植 啓悟
従業員数:660名
事業内容:フードサービス全般
     【レストラン・ショップ】
     淡路ハイウェイオアシス、サービスエリア内レストラン・フードコート、
     パーキングエリア内レストラン・ショップ、ゴルフ場内レストラン
     【食品製造】
     淡路牛肉・竹ちくわ等加工食品、クラフトビール
     【FC事業】
     ミスタードーナツ、ザ・丼、牛角
     【事業所給食】
      サンフードサービス(株)
関連会社:淡路フェリーボート(株)、塩屋土地(株)、アイジー興産(株)[ジェームス山自動車学院]、ホテルアナガ

参考: 淡路ハイウェイオアシスについて

兵庫県立淡路島公園内に位置し、島の玄関口となる「淡路ハイウェイオアシス」。明石海峡大橋を眺めながら、地元ならではの旬の食材を存分に味わえるレストランや、淡路島の特産品などショッピングが楽しめる淡路物産館を併設する、島の魅力をぎゅっと詰め込んだ施設です。休憩だけでなく、1日中遊んで過ごせる施設です。
神戸淡路鳴門自動車道 淡路サービスエリア上下駐車場より連絡道路で直結。
一般道路からも利用可能。
大型観光バス51台、普通車560台収容

淡路ハイウェイオアシス
兵庫県淡路市岩屋大林2674-3  TEL0799-72-0220   
http://www.awajishimahighwayoasis.com/

PR TIMES

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ