モーターファン・イラストレーテッド(MFi) vol.172は、「よくわかるターボ」特集

1月15日(金)18時46分 PR TIMES

これからのターボエンジン時代を理解するための超基礎講座

“テクノロジーがわかると、クルマはもっと面白い”をキーワードに、図版、写真、透視図を使って自動車技術をわかりやすく解説する月刊誌「モーターファン・イラストレーテッド」(株式会社三栄 本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:星野邦久)。2021年1月15日(金)に『モーターファン・イラストレーテッド vol.172』を発売いたします。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/23526/table/451_1.jpg ]



[画像1: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-388673-0.jpg ]



自動車にターボチャージャーを搭載する。かつては、ターボチャージャー(以下、ターボ)は、ハイパフォーマンスカーのアイコンでした。ところが昨今、排気量を抑えることで各種損失を回復し、高効率へと繋げ、さらに増強されたトルクでドライバビリティを向上させるための効果として、過給エンジンは仕立てられることが多くなりました。ディーゼルエンジンでは全数、ガソリンエンジンでは多くの過給機を備えるいま、あらためてターボ過給する意義や仕組みを初心者にもわかりやすく解説してみました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-738657-1.jpg ]


よくわかるターボ:「ターボの構造」
エンジンの排気をタービンスクロールに取り込み、タービンホイールの羽根に当てて回転させる。反対側には、空気を取り込むためのコンプレッサーホイールがあり、このふたつの羽根を1本の軸でつなげて一体化、全体が回転し始めることで空気を勢いよくかき集める。このような仕組みでエンジンにより多くの空気を送り込む機械がターボの役割です。構造はシンプルですが、羽根の形状や大きさなど、そこにはさまざまなノウハウが存在し、課題である過給ラグへの対策を講じてきています。今さら聞けないターボの常識がわかります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-525650-2.jpg ]


よくわかるターボ:「乗用車ターボの使い方」
数ある過給機の中からなにを選ぶかは、エンジンのキャラクターや車両の性格、そして目的で決まります。同時に、近年においてはエンジンの高効率化を支える存在になっています。燃費・排ガス規制への適合と、高出力・高回転域性能の両立というテーマの解決策でもあります。ハウジングの形状、排気の導入方式、圧縮機の駆動方式、ターボの置き方/並べ方といった過給機の種類とその狙いについて、熊谷敏直氏のイラストをまじえて解説しています。


[画像4: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-983659-3.jpg ]


よくわかるターボ:「最新過給エンジンのメカニズム」
ターボの構造、ターボの使い方を知ったあとは、コンパクトカーから大排気量ディーゼルまで、実際に車両に搭載される12基の過給エンジンを例に挙げ、本誌で「博士のエンジン手帖」を連載している畑村耕一博士にメーカーの狙い、その狙いに対する技術の対応と成果について解説していただきました。最新、かつ注目の過給エンジンの理解を深めることができます。


[画像5: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-236089-4.jpg ]


よくわかるターボ:「タービン内部の流体のふるまい」
自動車のエンジンは定常で運転せず、常に変動しています。それゆえ最高熱効率の追求が難しく、世界中のエンジニアが高効率化に向けて知恵を絞っています。それはターボにとっても同じです。排ガスの定常流が望めない状況で最高のパフォーマンスを発揮するために、各メーカーはさまざまな工夫を凝らしていますが、ターボはまつわる“謎”が集まる部分でもあり、じつは技術的に明らかになっていない部分が少なくありません。しかし、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)が、「自動車用エンジンにターボを適用する難しさ」の問題にメスを入れはじめました。タービン内の現象解明に挑む研究チームを統括する、早稲田大学の宮川教授に、流体側から考えるターボの仕組みについて取材しました。


[画像6: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-363394-5.jpg ]


MFi テクノロジー・オブ・ザ・イヤー ノミネート技術発表!
毎年恒例の「MFi テクノロジー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート技術を発表しました。モーターファン・イラストレーテッド編集部が、優れた自動車技術、そしてその技術を開発したエンジニアの皆さんを讃えるために創設したアワードです。すでに量産が開始され、車両に搭載された技術が対象となる「テクノロジーアワード部門」と、まだ製品化されていないものの、実現するとかなりのインパクトを与える期待度の高い技術を対象とする「アドバンスト・テクノロジーアワード部門」からなり、2020年に発表された数ある技術のなかから、それぞれ9技術をノミネートしました。皆様も投票が可能となっておりますので、ぜひ2020年に心に残った技術、注目に値する技術に一票を投じてください。

【WEB投票受付はこちらから】
https://motor-fan.jp/article/category/102


CONTENTS
[モーターファンイラストレーテッド vol.172]

【特集:よくわかるターボ】

Intoduction:なぜ自動車にターボがいるのか?

Part 1:ターボの構造、過給に対する疑問を解き明かす
Part 2:乗用車ターボの使い方
Part 3:畑村耕一先生による最新過給エンジン解説
PEUGEOT 208/MERCEDES-BENZ B-Class/VOLKSWAGE GOLF/MERCEDES-BENZ B-Class E-Class/日産スカイライン/ランドローバー・レンジローバースポーツ/レクサスLS/MASERATI MC20/マツダCX-3/マツダCX-8/BMW 7series/AUDI S5
Part 4:空気の流れからターボの動きを解き明かす

MFi テクノロジー・オブ・ザ・イヤー・アワード2021 ノミネート技術発表!
Motorsport Technology 「2020 F1 シーズンプレビュー」


-詳細-
Motor Fan illustrated vol.172
発売日:2021年1月15日(金)
定価:1760円(税込)
ISBN:9784779643217

★ネット通販でのお求めはこちらから
三栄オフィシャル通販:https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11663
Amazon:https://amzn.to/2KU2elH


【INFORMATION】
モーターファン・イラストレーテッド 月額購読キャンペーン 2号連続50%OFF

[画像7: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-617975-6.jpg ]



MFiのサブスク! MFiを月額払いで定期購読にお申し込みいただくと、開始から2号連続半額で読めるキャンペーンを開催中!

コロナ禍のなか、発売ごとに本屋に行かなくても買い忘れすることなく、送料無料で自宅や職場にお届けします。

お申し込み締め切りは、4月14日まで!
https://www.fujisan.co.jp/product/1281682737/


★電子書籍でも楽しみいただけます!
「Motor Fan illustrated」シリーズ(電子書籍)のバックナンバーがすべて揃っています。お手元の端末でいつでもどこでもお読みいただけます。こちらも合わせてご利用ください。

三栄/ebooks(公式電子書籍)
「Motor Fan illustrated」:https://3a.as-books.jp/books/?no=13
「Motor Fan illustrated 特別編集」:https://3a.as-books.jp/books/?no=16
[画像8: https://prtimes.jp/i/23526/451/resize/d23526-451-787640-7.jpg ]



2021年1月15日
株式会社 三栄

PR TIMES

「ターボ」をもっと詳しく

「ターボ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ