副業時代の救世主!アップル、マイクロソフトなど誰もが知る外資系企業の翻訳をしてきたプロ翻訳者・浅野正憲が手掛ける「翻訳の学校」の会員数が1年で1,000人突破!

1月16日(木)10時30分 @Press

株式会社Trans Innovation(トランスイノベーション、代表:浅野正憲、本社:東京都港区)は、当社が運営するマンツーマン型翻訳スクール「翻訳の学校」の会員数が1年で1,000人を突破しましたことをお知らせいたします。


■近年の副業を後押しする社会背景
2018年、厚生労働省によって「モデル就業規則」から副業禁止が削除され、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が提示されたことが、社会全体での副業に対する捉え方を大きく変えました。その背景には、「人手不足の深刻化」、「増税対策」、「年金対策」、「国民の生産性アップによる国力強化」が大きくあげられます。


■翻訳者とは?
翻訳者とは、外国語の文章を日本語に訳す仕事で、小説やノンフィクションなどの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳をする「映像翻訳」の大きく3つに分けられます。翻訳者として働く時に必須となる資格はありませんが、英語であれば英検1級、TOEIC900点台の語学力が必要とされており、翻訳会社に登録し、スポットで仕事をもらうという働き方が一般的です。

また、一般企業で翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けるか、フリーランスで独立するという方法もあります。収入は、働き方や仕事量によって大きく異なり、年収10数万円から1,000万円を越える人まで幅があります。


■プロ翻訳者・浅野正憲が手掛ける「翻訳の学校」とは?
アップル、マイクロソフトなど誰もが知る外資系企業の翻訳をしてきたプロ翻訳者・浅野正憲が手掛ける講座で、産業翻訳という翻訳に特化することで、スキルが無くても必要な情報さえ学んでしまえばマスターできる翻訳に特化しています。本来翻訳者になるためには1〜2年程度の時間が掛かりますが、当講座では必要な学習時間を大幅カットしました。最短40日、平均2〜3ヶ月で稼げる翻訳者になるためのメソッドで、1年で120名以上の翻訳者を輩出し、すでに本業で年収1,000万円以上稼いでいる人や、副業で月50万円を稼いでいる人がいます。

現在、当講座では、オンラインスクールと東京都港区に校舎を構え「無料体験レッスン」、「3ヶ月間全額返金精度」を用意し、さらに東京都港区の校舎では、プロ翻訳者による「マンツーマン指導」も用意しています。

未経験でも自分の英語力を活かして翻訳者として本業から副業と自由に働くことができ、今後活躍の場は広がることが予測されます。

「翻訳の学校」公式サイト( https://honyaku-gakko.com/ )


【会社概要】
名称: 株式会社Trans Innovation
住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋3-1-2 笹井ビル6F
URL : https://transinnovation.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「翻訳」をもっと詳しく

「翻訳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ