外国人との立食パーティなどで 孤立しないために おすすめの方法とは?

1月16日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。




時間よりも早めに会場に入ることで、心に余裕ができる


 知り合いが少ない、またまったく顔見知りのいないパーティーなどの社交の場に参加するのは、日本語環境でも気が重いものです。それが英語になればなおさらです。


 数年海外に滞在していたとか、仕事で英語を使っている人にとっても、そういった場面はハードルが高いものです。


 日本では知らない人が大勢集まるホームパーティはなかなかありませんし、立食形式のパーティという機会も一般的には多くありません。そういった社交の場で、見知らぬ人との会話を楽しむ機会が少ないことが、英語環境の社交の場に対しての苦手意識を助長しているのかもしれませんね。


 私自身が長年試行錯誤してきた中で、そういった社交の場を楽しむために、効果があった行動をご紹介します。


 まずは時間よりも早めに会場に到着し、最初は手持ち無沙汰でも周囲を観察しながら心に余裕を持つようにしましょう。


 また、少しでも知った顔を探す、もしくは一人でいる話しやすそうな人を見つけて話しかけてみるのもおすすめです。


 飲み物を提供するバーがあれば、飲み物を片手に、リラックスした雰囲気を出しましょう。内心はドキドキしていても、自然に堂々と、その場を楽しもうという姿勢を出すのです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「外国人」をもっと詳しく

「外国人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ