NY株、初の終値2万9000ドル台=米中合意を好感

1月16日(木)9時10分 時事通信

 【ニューヨーク時事】15日のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の「第1段階」合意文書への署名を好感し、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比90.55ドル高の2万9030.22ドルとなり、終値で初めて2万9000ドル台に到達。4営業日ぶりに史上最高値を更新した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は7.37ポイント高の9258.70で終わった。
 米中両国はこの日、貿易協議「第1段階」合意文書に署名。中国による米農産品の購入拡大や金融サービス市場の開放などが盛り込まれた。米中摩擦が緩和し、米景気の追い風になるとの期待から株価は上昇した。 

[時事通信社]

時事通信

「NYダウ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「NYダウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ