セブン銀行、メタップスペイメント株式の20%取得、法人向けサービスの利便性向上へ

1月16日(木)9時0分 MONEYzine

 セブン銀行はメタップスおよびその子会社と提携し、法人向けサービスの利便性向上に取り組む。


 セブン銀行と、メタップスおよびメタップスペイメントは1月10日、新たな事業展開に向けた業務提携の推進に合意した。


 メタップスペイメントの持つ多彩な決済手段、銀行が保有しない決済関連サービスとセブン銀行が全国に展開するATMネットワークの連携を図ることによって、法人向けサービスの利便性向上に取り組む。


 これにともないメタップスは、セブン銀行に自社の保有するメタップスペイメント株式の20%を譲渡。メタップスペイメントはセブン銀行の持分法適用会社となる予定だ。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

メタップスペイメント、給与支払サービス「CRIA」開始、セブンATMで受取可能に

セブン銀行、顔認証・AIを導入したATMを開発、2024年度までに全機入れ替え

みずほ銀行、経費精算の際にJ-Coin Payで従業員に送金できる「J-Coin Biz」提供

MONEYzine

「銀行」をもっと詳しく

「銀行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ