オンライン商標登録サービス「Cotobox」が「マネーフォワード」と連携

1月16日(木)16時5分 PR TIMES

〜2020年3月開始予定の新サービス「マネーフォワード クラウドStore」で「Cotobox」が利用可能に〜

cotobox株式会社(東京都港区三田、代表取締役:五味和泰 以下「当社」)が運用するオンライン商標登録サービス「Cotobox(コトボックス)」が、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻 庸介、以下「マネーフォワード」)が提供する「マネーフォワード クラウド」と連携し、2020年3月に「マネーフォワード クラウドStore」で利用可能になることをお知らせいたします。
URL: https://cotobox.com/

[画像1: https://prtimes.jp/i/29675/5/resize/d29675-5-188388-0.png ]


マネーフォワードが提供する「マネーフォワード クラウド」は50万人以上の利用者を有しており、その利用者は、バックオフィスをはじめ、法務、コミュニケーション、セールスまたはマーケティングなどの様々な課題を抱えています。当社サービス「Cotobox」は、上記事業課題を解決し、生産性向上に役立つ良質なSaaS・クラウドサービスの1つとして、「マネーフォワード クラウド」と連携することになりました。今回の連携により、「マネーフォワード クラウド」ユーザーは、2020年3月に開始予定の「マネーフォワード クラウドStore」より、「Cotobox」を含む各種サービスを同アカウントで購入・利用できるようになります。


■ マネーフォワード クラウドStoreについて
マネーフォワード クラウドStoreは、生産性向上に役立つさまざまなSaaS・クラウドサービスを購入できるオンラインストアです。
マネーフォワード クラウドにアカウント登録することで、利用したいサービスの購入が可能となります。Cotoboxをはじめとするリーガルテックのほか、コミュニケーション、セールス・マーケティング領域等、様々なSaaS・クラウドサービスを使える特典が用意されています。

<マネーフォワード クラウドStoreの特長>
・SaaS、クラウドサービス選定や導入をサポート
・SaaS、クラウドサービスの割引や限定プランなどStore限定特典を提供
・契約、決済の一元管理が可能、請求明細を一本化し事務作業を効率化

■ Cotoboxについて
Cotoboxは、最新AIを用い、PCのブラウザ上で誰でも簡単に商標調査・出願・管理することができるクラウドサービスで、経済産業省所管グレーゾーン解消制度活用のイノベーション事業です。難しい知識は不要で、自社の商標や業種の検索や、競合会社の商標登録の有無が何回でも無料でチェックできます。商標登録を希望する場合、Cotobox上で、提携先の弁理士に出願依頼及びコミュニケーションが簡単にできます。
これまでに、5,000人以上ユーザーがCotoboxを利用し、商標調査、出願、商標権侵害の発見などを実現しています。また、グローバル展開を目指す国内外の企業に対し、20の国・地域間での商標の取扱実績があります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/29675/5/resize/d29675-5-876522-1.jpg ]



【cotobox株式会社の概要】
会社名 :cotobox株式会社
所在地 :東京都港区三田3-1-23
設立  :2016年2月
代表取締役:五味 和泰
事業内容:オンライン商標登録サービス「Cotobox」、商標業務DX導入支援、知財情報提供及びコンサルティング、それらに付帯する事業の企画・開発・運営。
URL: https://cotobox.com/

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ
cotobox株式会社 広報担当宛
https://cotobox.com/app/contact

*「マネーフォワード」は株式会社マネーフォワードの登録商標です。
*「cotobox」はcotobox株式会社の登録商標です。

PR TIMES

「オンライン」をもっと詳しく

「オンライン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ